【Photoshop初級】自動選択ツール

こんにちわ。

今回は自動選択ツールについてご説明しますね。(^o^)

自動選択ツールは他の選択ツール同様、範囲を選択する時に使うツールです。

特に選択したい範囲とそれ以外の範囲との色の差がはっきりしている時に使うと有効です。

では実際にやってみましょう。(^_-)-☆

下図の写真のバラの花の部分を選択してみましょう。

バラの花の画像

ツールボックスのクイック選択ツールで長押しし、自動選択ツールを選択します。

ツールボックスの図

マウスポインタがたんぽぽの綿毛のような形になりますので、バラの花の部分をクリックします。

下図のように範囲が選択されますね。

このように自動選択ツールはクリックした位置の近似色のピクセル範囲を選択してくれます。

許容値32で範囲選択した図

ツールオプションバーを見ると許容値32になっています。

ツールオプションバーの図

この許容値を大きくすると近似色の範囲が広がるので、同じ位置をクリックしたとしても選択される範囲は広くなります。

下図は許容値100にして同じ位置をクリックした図です。

先ほどよりも選択範囲が広がりましたが、またバラの花全体が選択されてはいません。

では今の選択範囲にさらにまだ選択されていない範囲を追加していきましょう。

ツールオプションバーの図

許容値100で選択した図

ツールオプションバーの選択範囲に追加をクリックします。

ツールオプションバーの図

自動選択ツールのマウスポインタの横に+が表示されます。

バラの花のまだ選択されていない部分をクリックします。

既存の選択範囲はそのままで、新たな範囲を追加することができます。

これでバラの花全体をきれいに選択することができましたね。

バラの花すべてが選択された図

自動選択ツールのツールオプションでは「現在の選択範囲から一部削除」や「現在の選択範囲との共通範囲」なども選ぶことができます。

またアンチエイリアスにチェックを入れておけば、選択範囲の境界線を滑らかにすることができます。

隣接のチェックを入れるとクリックした部分と一続きの範囲だけが選択されますが、隣接のチェックをはずすと近似色であれば離れた場所でも選択されます。

隣接のチェックをはずしてバラの花をクリックすると… 右のつぼみも近似色なので選択されていますね。

隣接のチェックをはずした図

隣接のチェックをはずした結果の図

全レイヤーを対象をチェックすると、すべてのレイヤーが選択の対象になるんですよ。

 

【Photohop初級】長方形選択ツールもご覧下さい。

【Photoshop初級】楕円形選択ツールもご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP