【Illustrator初級】散布ブラシの作成

こんにちわ。

今回は散布ブラシの作成方法をご説明しますね。(^_-)-☆

まずは散布させたいものを描いておきます。

下図の桜の花を散布ブラシに登録しましょう。

桜の花を選択します。

桜の花のイラスト

ブラシパネルの新規ブラシをクリックします。

ブラシパネルの図

新規ブラシダイアログが表示されますので、散布ブラシをクリックしてからOKをクリックします。

新規ブラシダイアログの図

散布ブラシオプションダイアログが表示されますので、そのままOKをクリックします。

散布ブラシオプションダイアログの図

下図のようにブラシパネルに登録されますね。(^.^)

ブラシパネルに登録された図

下図のようなパスに適用してみましょう。

パスの図

こんな風になります。

登録したのと同じサイズのオブジェクトがすべて同じ方向に散布していますね。

散布ブラシ適用後の図

今度はサイズを変化させてもっと自然な感じに散布させてみましょう。

登録したブラシをダブルクリックします。

ブラシパネルの図

散布ブラシオプションダイアログが表示されますので、サイズを固定からランダムに変えてから白い△を左にドラックして10%にしてOKをクリックしてみましょう。

サイズ100%というのは登録したオブジェクトのサイズです。下図の指定にすると登録したサイズの10%から100%の間のランダムなサイズのオブジェクトが散布するんですよ。

散布ブラシオプションダイアログの図

ブラシの変更ダイアログが表示されますので、適用をクリックします。

このメッセージは既にオブジェクトに適用されているブラシを変更した時に表示されます。
適用をクリックすると既に描かれているブラシに今の変更が適用されます。
適用しないをクリックすると既に描かれているブラシには今の変更は適用されず、今後このブラシを使った時に今の変更が生きることになります。
キャンセルをクリックするとブラシの変更がキャンセルされます。

ブラシの変更ダイアログの図

下図のようにランダムなサイズの桜の花が散布しましたね。(^_-)-☆

ランダムなサイズの散布ブラシの図

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP