Excel中級【値のリストから指定した値を取り出す CHOOSE関数】

今回はCHOOSE関数についてご説明したいと思います。(^v^)

この関数は指定した番号に対応した値を取り出してくれる関数です。

今回は数字が1なら長男、2なら次男、3なら三男と表示される式を入力してみましょう。

結果を表示したいセルをクリックしてから、「数式」タブをクリックします。

数式タブの図

関数ライブラリ」グループの「検索/行列」をクリックし、表示されたリストの「CHOOSE」をクリックします。

検索/行列 関数のリストの図

「関数の引数」ダイアログが表示されますので、下図のように入力して下さい。

インデックス」は「

値1」は「長男

値2」は「次男

値3」は「三男」とします。

OKをクリックします。

関数の引数ダイアログの図

下図のように引数「インデックス」に対応した値が表示されますね。

結果の図

それではこのCHOOSE関数を先回ご説明したWEEKDAY関数と組み合わせて使ってみましょう。(*^_^*)

先回は下図の社員名簿の生年月日に対応した曜日を数字で表示しましたね。

先回の内容に関して詳しくはExcel中級【曜日を取り出す WEEKDAY関数】をご覧ください。

今回はその数字を日から土の文字に対応させて表示してみたいと思います。

セル「I4」をクリックします。

社員名簿の図

数式」タブの「関数ライブラリ」グループから「検索/行列」をクリックし、表示されたリストから「CHOOSE」をクリックします。

choose関数をクリックの図

値1」から順に曜日の漢字を入力していきます。

右のスクロールバーを使って表示されていない引数も表示できます。

関数の引数ダイアログの図

値7」まで指定します。

関数の引数ダイアログ後半

インデックス」にカーソルがある状態で、「名前ボックス」右のをクリックします。

インデックスにカーソルがある状態の図

リストが表示されるので、「その他の関数」をクリックします。

その他の関数をクリックする図

関数の挿入」ダイアログで関数の分類を「日付/時刻」にし、「WEEKDAY」をクリックし、OKをクリックします。

日付/時刻関数のリスト

WEEKDAY」関数の引数ダイアログが表示されますので、シリアル値に「E4」、種類に「」を指定しOKをクリックします。

関数の引数ダイアログの図

下図のようにWEEKDAY関数の結果の数値に対応した曜日が表示されますね。

結果の図

日付のシリアル値から曜日を表示する方法は他にもあります。

Excel中級【数値を書式付の文字に変換 TEXT関数】もご覧ください。

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP