Excel中級【グラフの表示単位】

先回は下図のようなグラフを作ることができましたね。

ただ、このグラフ。左の主縦軸の数字の桁数が多すぎて… (・_・;)
いち、じゅう、ひゃく、せん、まん… 
ちょっとすぐには数えられませんね。私には… (@_@)

こんな時グラフの表示単位を変更すると数字を分かりやすくすることができるんですよ。今回は万単位の表示にしてみましょう。

人口統計表グラフ

グラフを選んでから、「グラフツール」の「レイアウトタブ」をクリックします。

レイアウトタブの図

」グループから「」ボタンをクリックします。

軸ボタンの図

主縦軸」にマウスを合わせるとさらに出てくるリストから「その他の主縦軸オプション」をクリックします。

その他の主縦軸オプションの図

軸の書式設定」ダイアログの「軸のオプション」の「表示単位」の右のをクリックし、「」をクリックします。

表示単位

主縦軸の数値の桁が減り、万単位の表示になりましたね。
でも、「万」という字が横に寝てしまっています。これを縦に直してみましょう。

」をクリックして選択します。

グラフと表示単にラベル

現在の選択範囲」グループから「選択対象の書式設定」をクリックします。

選択対象の書式設定の図

表示単位ラベルの書式設定」ダイアログから「配置」をクリックし、「文字列の方向」のをクリックし、表示されたリストから「縦書き」をクリックし、「閉じる」をクリックします。

縦書きの図

「万」が縦になりました。こうするとグラフの数字が認識しやすくなりますね。
東京は男女ともに600万を超えていますね。山梨は40万くらいでしょうか。(^v^)

完成図

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP