【Illustrator初級】鉛筆ツールのオプション

こんにちわ。

先回の【Illustrator初級】では、鉛筆ツールの使い方についてご説明しましたね。
今回は鉛筆ツールのより詳しい設定についてご説明しますね。(^o^)

鉛筆ツールの詳細を設定するためにはツールボックスの鉛筆ツールをダブルクリックします。

ツールボックスの図

鉛筆ツールの環境設定ダイアログが表示されます。これを変更することでより詳細な設定ができるんですよ。(^_-)

鉛筆ツール環境設定ダイアログの図

精度

マウスのたどった後をどれほど正確にパスにするかの度合いです。
値を小さくするほどマウスの軌跡どおりになり、値を大きくするほど修正されます。
イメージとしては値が小さいほどガタガタに大きいほど滑らかになります。

滑らかさ

アンカーポイントとアンカーポイントのつながり方をどれほど滑らかにするかの度合いです。
値が大きいほど滑らかになります。

鉛筆の線に塗りを適用

チェックすると鉛筆ツールで作成した線に現在の塗りを適用します。

選択を解除しない

チェックすると描画後にパスが選択された状態になります。

選択したパスを編集

チェックすると選択した状態のパスにマウスを近づけ、鉛筆ツールでパスを編集できるようになります。

 

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】鉛筆ツール

こんにちわ。

今回は鉛筆ツールについてお話しますね。(^.^)

鉛筆ツールを使うと紙の上に鉛筆を使って描くように、簡単にパスを描くことができるんですよ。

ではやってみましょう。(^_-)-☆

まず、ツールボックスから鉛筆ツールをクリックして選択します。

ツールボックスの図

鉛筆ツールを選択すると下図のようなポインタが表示されます。

鉛筆ツールポインタ

そのままアートボード上をドラックします。

ドラックしている図

ジグザグにドラックして手を放すと… 下図のようなパスが描けますね。(*^_^*)

鉛筆ツールを使って描いたパスの図

下図のようにドラックしてからAltキーを押すとポインタの形が○になります。そのままマウスの手を放すと…

Altキーを押した図

下図のように始点と終点が結ばれたクローズパスを描くことができるんですよ。(^o^)

クローズパスの図

ペンタブレットを使って描くとほとんど手書きと同じように描くこともできますよ。(^^)/

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】散布ブラシの作成

こんにちわ。

今回は散布ブラシの作成方法をご説明しますね。(^_-)-☆

まずは散布させたいものを描いておきます。

下図の桜の花を散布ブラシに登録しましょう。

桜の花を選択します。

桜の花のイラスト

ブラシパネルの新規ブラシをクリックします。

ブラシパネルの図

新規ブラシダイアログが表示されますので、散布ブラシをクリックしてからOKをクリックします。

新規ブラシダイアログの図

散布ブラシオプションダイアログが表示されますので、そのままOKをクリックします。

散布ブラシオプションダイアログの図

下図のようにブラシパネルに登録されますね。(^.^)

ブラシパネルに登録された図

下図のようなパスに適用してみましょう。

パスの図

こんな風になります。

登録したのと同じサイズのオブジェクトがすべて同じ方向に散布していますね。

散布ブラシ適用後の図

今度はサイズを変化させてもっと自然な感じに散布させてみましょう。

登録したブラシをダブルクリックします。

ブラシパネルの図

散布ブラシオプションダイアログが表示されますので、サイズを固定からランダムに変えてから白い△を左にドラックして10%にしてOKをクリックしてみましょう。

サイズ100%というのは登録したオブジェクトのサイズです。下図の指定にすると登録したサイズの10%から100%の間のランダムなサイズのオブジェクトが散布するんですよ。

散布ブラシオプションダイアログの図

ブラシの変更ダイアログが表示されますので、適用をクリックします。

このメッセージは既にオブジェクトに適用されているブラシを変更した時に表示されます。
適用をクリックすると既に描かれているブラシに今の変更が適用されます。
適用しないをクリックすると既に描かれているブラシには今の変更は適用されず、今後このブラシを使った時に今の変更が生きることになります。
キャンセルをクリックするとブラシの変更がキャンセルされます。

ブラシの変更ダイアログの図

下図のようにランダムなサイズの桜の花が散布しましたね。(^_-)-☆

ランダムなサイズの散布ブラシの図

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】パターンブラシの作成

こんにちわ。

今回はパターンブラシの作成方法をご説明しますね。(^_-)-☆

パターンブラシを作成するためにはブラシに登録する部品を描いてからスウォッチに登録しておく必要があるんですよ。

下図のようにオブジェクトを作っておきます。

登録するためのオブジェクトの図

ひとまとまりのオブジェクトを選択します。

オブジェクトを選択している図

そのままスウォッチパネル内にドラッグします。

スウォッチパネルにドラッグしている図

下図のようにスウォッチパネルに登録されますね。

スウォッチパネルに登録された図

他のオブジェクトも同じように登録します。

スウォッチに登録した図

次に何も選択していない状態で、ブラシパネルの新規ブラシをクリックします。

ブラシパネルの新規ブラシの図

新規ブラシダイアログが表示されますので、パターンブラシをクリックしOKをクリックします。

新規ブラシダイアログ

パターンブラシオプションダイアログが表示されます。

左上のサイドタイルをクリックしてから新規パターンスウォッチ1をクリックします。

パターンブラシオプションダイアログの図

同じように外角タイル、内角タイル、最初のタイル、最後のタイルも選択しOKをクリックします。

他のタイルも設定した図

ブラシパネルに下図のように登録されましたね。(^.^)

ブラシパネルに登録された図

では、下図のようなパスを描いて…

ブラシ適用前のクローズパスとオープンパスの図

ブラシを適用すると… こんな感じになります。(*^_^*)

オープンパスは最初のタイル最後のタイルも表示されていますね。

直線が長い部分にはサイドタイルが繰り返し適用されています。

パターンブラシ適用後の図

 

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】アートブラシの作成

こんにちわ。

今回はアートブラシの作成方法をご説明しますね。(^.^)

まずはアートブラシに登録したいイラストを描きます。

ぶどうのつるを描いて…

ぶどうのつるの図

それに葉っぱをつけて…

葉っぱの絵

ぶどうを描いて…

ぶどうを描いている図

これで完成です。ヽ(^。^)ノ

登録するイラストの図

アートブラシに登録したいオブジェクトすべてを下図のように選択します。

イラストを選択している図

ブラシパネルの新規ブラシボタンをクリックします。

新規ブラシボタンの図

新規ブラシダイアログでアートブラシを選択してOKをクリックします。

新規ブラシダイアログの図

アートブラシオプションダイアログが表示されますので、名前をつけてOKをクリックします。

アートブラシオプションダイアログの図

下図のようにブラシパネルに登録されますね。(^o^)

ブラシパネルに登録された図

では下図のようなパスを描いて…

パスの図

適用すると…

こんな風になりました。(^_-)-☆

作成したアートブラシを適用した図

アートブラシを作成して、使ってみて下さいね。(^^)/

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】カリグラフィブラシの作成

こんにちわ。

今回はカリグラフィブラシを自分で作る方法をご説明しますね。(^_-)

オブジェクトを何も選択していない状態で、ブラシパネル新規ブラシボタンをクリックします。

ブラシパネルが表示されていない時は「ウィンドウ」メニューから「ブラシ」をクリックして表示させて下さいね。

ブラシパネルの図

下図のようにダイアログボックスが表示されますので、カリグラフィブラシを選択してOKをクリックします。

ブラシダイアログの図

今度は下図のようにカリグラフィブラシオプションダイアログが表示されますので、名前を任意に指定し直径を30ptにしてOKをクリックします。

カリグラフィブラシオプション

ブラシツールを選択して描いてみると… こんな感じになりますね。(^_-)-☆

直径30ptのブラシの図

作ったブラシはブラシパネルに登録されます。

登録された30ptのブラシの図

カリグラフィブラシオプションの詳細は下記の通りです。

角度 ペン先の回転角度です。

真円率 ペン先の丸みです。100%にするとまんまるになりますが数値を下げると扁平になります。

直径 ペン先の太さです。

 

固定にしてあると左の数値のまま描かれますが、ランダムになっていると右の変位の幅の間でランダムに変化したサイズで描かれます。

では、今度は下図のようにランダムなブラシを作成してみましょう。

カリグラフィブラシオプションの図

ブラシツールで描いてみると下図のように描くたびに違う角度、真円率、直径でランダムに描かれます。(*^_^*)

 

ランダムなブラシで描いた結果の図

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】ブラシライブラリ

こんにちわ。

先回の【Illustrator初級】ではブラシツールについてご説明しましたね。(^.^)

でも…(・.・;) ブラシパネルを見ると種類が少ないような気がしませんか?

ブラシパネルの図

実はブラシライブラリの中にはもっと色々なブラシが入っているんですよ。ヽ(^。^)ノ

これからそのブラシライブラリの中身を表示させる方法をご説明しますね。

まず、ブラシパネル右上のパネルメニューをクリックします。

ブラシパネルメニューの図

表示されたリストの「ブラシライブラリを開く」にマウスを合わせるとさらにメニューが表示されるので、表示したいブラシをクリックして選びます。

今回は「矢印」の「矢印_特殊」を選んでみます。

ブラシパネルメニューの図

下図のようにライブラリの「矢印_特殊」のブラシが表示されます。

矢印_特殊

その他にも下図のような様々なブラシがライブラリ内に登録されています。

アート_インクの図ボーダー_デコレーションの図装飾_散布の図

こうやってライブラリを表示させると様々な種類のブラシを使うことができるんですよ。(^◇^)

特殊_矢印で描いたブラシの図

ボーダーデコレーションで描いたブラシの図

装飾_散布で描いたブラシの図

いかがでしたか? 色々なブラシを使ってみて下さいね。

次回の【Illustrator初級】では、自分で描いたイラストをブラシに登録する方法をご説明しますね。(^^)/

 

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】ブラシツール

こんにちわ。

今回はブラシツールについてご説明しますね。

このツールを使うとブラシのようなタッチの線を描くことが出来るんです。(^。^)

ではやってみましょう。

まずツールボックスからブラシツールをクリックして選択します。

ブラシツールの図

下図のように画面右のブラシのアイコンをクリックします。

ブラシをクリック

ブラシパネルが表示されます。

ブラシパネルの図

表示されたブラシパネルから描きたいブラシをクリックして選択します。

ブラシパネルの図

アートボード上をドラッグすると下図のように描くことができます。

カリグラフィブラシで描画した図

今回はカリグラフィブラシというブラシで描いてみましたが、ブラシにはその他にもいくつかの種類があります。

またブラシツール以外の方法で描かれたパスに対してもブラシを適用することができるんですよ。(^_-)

では下図のパスに対して様々なブラシを適用してみましょう。

パスの図

下図のように適用されます。

様々なブラシの図

カリグラフィブラシ

ペン先が斜めにカットされた蛍光ペンで描いたような線を適用します。

アートブラシ

ブラシに登録されたオブジェクトの形状をパスの長さに合わせて伸縮して適用します。

パターンブラシ

いくつかのタイルに登録されたオブジェクトをパスの形状に合わせて繰り返して適用します。 登録するタイルには、サイド、内角、外角、パターンの最初と最後があります。

散布ブラシ

登録されたオブジェクトをパスに沿って散布させる形で適用します。

 

各ブラシについてはまた後日ご説明しますね。(^_-)-☆

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】同心円グリッドツール

こんにちわ。

今回は同心円グリッドツールの使い方をお話ししますね。(^o^)

このツールを使うと、同一の中心を持ち,等間隔で並ぶ円を描くことができるんですよ。

こんなダーツの的のようなものを簡単に描くことができます。

ダーツの的

では、やってみましょう。(^_-)-☆

直線ツールで長押しします。

直線ツールの図

表示された同心円グリッドツールをクリックします。

同心円グリッドツール

+ポインタが表示されますので左上から右下に向かってドラッグすると、下図のような同心円を描くことができます。

同心円グリッドの図

同心円グリッドツールを選択した状態で、アートボード上でクリックすると下図の「同心円グリッドツールオプション」が表示され、同心円の詳細を設定することができます。

同心円グリッドツールオプションの図

設定の詳細は以下の通りです。

サイズ

幅(W): 同心円グリッドの幅を指定

高さ(H): 同心円グリッドの高さを指定

同心円の分割

線数(M): 同心円の数を指定

分布(K): 左にドラッグすると同心円が中心に、右にドラッグすると同心円が外側に寄る

円弧の分割線

線数: 分割線の数を指定

分布: 左にドラッグすると左側の弧が大きくなり、右側へドラッグすると右側の弧が大きくなる

楕円形から複合パスを作成(C): チェックすると同心円が個別の複合パスになる

グリッドの塗り: チェックするとグリッドの中が塗りに指定されているカラーで塗られる

 

同心円グリッドツール よろしければ使ってみて下さいね。 (^.^)

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】長方形グリッドツール

こんにちわ。

今回は長方形グリッドツールの使い方をご説明しますね。(^.^)

このツールは表組のようなグリッドを描くのに適しています。

ツールボックスの直線ツールで長押しし、長方形グリッドツールをクリックします。

長方形グリッとツールをクリックしている図

アートボード上で左上から右下に向かってドラッグします。(^_-)

ドラッグしている最中に↑キーを押すと押した分だけ行数を増やすことができます。

↓キーを押すと行数を減らすことができます。

→キーでは列数が増えて←キーで列数が減ります。

長方形グリッドツールで描画しているところ

長方形グリッドツールを選択している状態でアートボード上をクリックすると、下図の長方形グリッドツールオプションダイアログボックスが表示されます。

長方形グリッドツールオプションダイアログボックスの図

サイズでグリッドの外枠の幅と高さを指定します。

右の基点のアイコンの図 は基点の位置です。

水平方向の分割 線数で水平方向の分割線の数を指定します。

垂直方向の分割 線数で垂直方向の分割線の数を指定します。

分布を0%にするとすべての線が等間隔になります。

外枠に長方形を使用をチェックすると外側が1つの長方形になります。チェックを外すと4本の独立した直線になります。

グリッドの塗りをチェックすると外側の長方形が塗りの色で塗られます。

長方形グリッドツール使ってみてくださいね。(^_-)-☆

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

 

 

【Illustrator初級】スパイラルツール

こんにちわ

今回はスパイラルツールについてご説明しますね。(^_-)

このスパイラルツールを使うと、カタツムリの殻のような渦巻きを描くことができるんですよ。

渦巻きの図

ではやってみましょう。(^_-)-☆

スパイラルツールはツールボックスの直線ツールで長押しすると出てきますので、クリックして選択します。

ツールボックスの図

ドラックしている途中で↑を押すと押した回数分だけ内側に向かってセグメントの数が増えていきます。

↓を押すと逆にセグメントの数が減っていくんですよ。

セグメントを増やしたスパイラルと減らしたスパイラルの図

セグメントとは2つのアンカーポイントの間の線分のことです。

セグメントの図

ドラックしている途中でRを押す渦巻きの向きを変えることができます。

巻きが対象の渦巻きの図

スパイラルツールを選択した状態でアートボード上をクリックすると下図のようなダイアログボックスが表示されます。

ここに値を入力して渦巻きを描くこともできるんですよ。(^.^)

スパイラルツールダイアログボックスの図

半径の値を大きくすると大きな渦巻きを描くことができます。

半径の違いの図

円周に近づく比率は100%にすると円になり、値を小さくするほど巻きのゆるい渦巻きになっていきます。

円周に近づく比率の違いの図

セグメント数を増やすと内側に向かってセグメントが増えていきますね。

スタイルでは渦巻きの巻きの向きを指定します。

スパイラルツールを使って渦巻きを描いてみて下さいね。 ヽ(^。^)ノ

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】円弧ツールを究めましょう!

こんにちわ(^.^)

今回は円弧ツールの使い方をご説明しますね。

この円弧ツールは円弧を描くためのツールです。

それでは実際に描いてみましょう。(^o^)

下図のようにツールボックスの直線ツールで長押しして円弧ツールを選択します。

円弧ツールの図

円弧を描きたい位置からドラックして描きます。

ドラックして描画している図

別の方法としては、円弧を描きたい位置でクリックすると下図のようなダイアログボックスが表示されます。

各値を設定してOKをクリックします。

円弧ツールオプションダイアログボックスの図

円弧ツールオプションの詳細は下記の通りです。(^_-)

X軸の長さ: 円弧の幅を指定

Y軸の長さ: 円弧の高さを指定

形状: オブジェクトをオープンパスにするかクローズパスにするかを指定

基準: 円弧の方向を指定 円弧をX軸に沿って描くのかY軸に沿って描くのか指定

勾配: 円弧の勾配の方向を指定 凹型にするには負の数、凸型にするには正の数を指定

円弧の塗り: チェックすると塗りの色で円弧が塗られる

X軸の長さ Y軸の長さ 基準を説明する図

オープンパスとクローズパス 塗りありとなしの図

勾配の各種設定の図

 

開始点左下の図は円弧を描画する始点を指定するためのものです。

下図は始点の指定とその結果です。赤でマークしたところがクリックした位置です。

開始点左下の図 左下を始点にして描いた円弧の図

左上を始点にした図 左上を始点にして描いた円弧の図

始点右上の図右上を始点にして描いた円弧の図

始点右下の図右下を始点にして描いた円弧の図

円弧ツール ぜひ使ってみて下さいね。(*^。^*)

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

【Illustrator初級】直線ツール

こんにちわ。今回は直線ツールの使い方をご説明しますね。(^_-)

直線ツールは名前の通り、直線を描くためのツールです。

でもこのツールを使って描けるのは1つの直線セグメントだけ

ジグザグのような連続した直線を描くことはできないんです。(-.-)

では描いてみましょう。

ツールボックスから直線ツールをクリックして選択します。

ツールボックスの直線ツールの図

直線の開始位置から終了位置までをドラックします。

下図のような直線を描くことができますね。(^.^)

開始位置から終了位置までドラックしている図

Shiftキーを押しながらドラックすると、水平や垂直・斜め45°の直線を描くことができるんですよ。

shiftキーをおしながらドラックしている図

垂直な線の図斜め45°の線の図斜め45°の線

また、Altキーを押しながらドラックすると中心を基点として直線を描くことができるんですよ。

中心にしたい位置からドラックを開始すると両側に線が伸びていきますね。

中心を基点に直線を作成している図

直線を開始したい位置でクリックすると角度と長さを数値で指定して描くことができるんですよ。

アートボード上でクリックすると直線ツールオプションダイアログボックスが表示されますので、

長さと角度を入力しOKをクリックします。

直線ツールオプションダイアログボックス

指定した長さ・角度で直線を描くことができましたね。(*^_^*)

指定した長さ・角度で描いた線の図

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

Illustrator初級【フレアツール】

今回はフレアツールについてご説明したいと思います。(^.^)

あまり使ったことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まずはどんなツールなのかをご説明してから、実際の使い方を見て頂きたいと思います。

フレアツールは写真のレンズフレアと同様の効果を与える時に使うツールです。

レンズフレアとはカメラで写真を撮る際に、強い光がレンズに向けられていると生じる光の像です。(@_@;)

下図のような写真は皆さんも見たことがあるのではないでしょうか?

レンズフレアが生じた写真

フレアツールを使うとイラスト上や写真上にそのような光の像を描くことができるんですよ。

ではやってみましょう。

長方形ツールで長押しし、フレアツールを選択します。

フレアツールの図

アートボード上でドラッグし、中心と光輪のサイズを設定します。

中心から放射状に延びている線が、光線です。

中心と光輪の図

下図のように中心・光輪・光線を描くことができましたね。

中心、光輪、光線が描かれた図

 

そのまま別の場所でドラッグするとそこにリングを追加することができます。

今回は右下でドラックしてみましょう。

右下の位置でドラックしている図

下図のように光輪からリングまでを描くことができました。

でもなんだか変な目玉のようなものという印象ですね。(;O;)

フレアは普通は何もないところに描くものではなく、オブジェクトの上に配置して使うものなんです。

フレアを描いた図

では今回描いたフレアを塗り黒のオブジェクト上に配置してみましょう。

塗が黒の上に配置した図

今度はグラデーションのかかったオブジェクト上に置いてみます。

グラデーション上に配置した図

イラストレータ上に写真を配置して

写真配置した図

光の位置を中心にしてフレアを入れてみましょう。

いかがでしょうか?

このフレアツール。使ってみて下さいね。(^_-)-☆

写真にフレアを追加した図

手に職を磨くデザイン教室 ウェブデザインスタジオ山梨 の「イラストレーター入門クラス」を見る

 

 

Illustrator初級【スターツール】

今回はスターツールの使い方をご説明します。(^.^)

スターツールは星形を描くためのツールです。

ツールボックスの長方形ツールで長押しし、スターツールを選択します。

ツールボックスの図

星を描きたい位置で右下に向かってドラックします。

下図のような星を描くことができます。

星の図

ドラックしている途中で上向き矢印キー↑を押すと、押した回数分星の頂点を増やすことができます。

下図が頂点を増やした星です。

頂点を増やした星の図

逆にドラックしている途中で下向き矢印キー↓を押すと、押した回数分頂点の数が減っていきます。

一番減らすと三角形になってしまうんですよ。(^.^)

頂点を減らした星の図

スターツールを選んだ状態でアートボード上をクリックすると下図のようなダイアログボックスが表示されます。

第1半径第2半径点の数を入力してOKをクリックすると指定した星を描くことができるんですよ。(*^_^*)

スターダイアログボックスの図

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様