デザインの学校 DTPデザイン応用編 パッケージデザイン制作例

皆さんこんにちは。今回はペットボトルのパッケージデザインの制作をご紹介します。

「サントリーBOSS ZERO STYLE」のパッケージのコピーを制作しました。

DTP応用 パッケージデザイン

1.ボトルサイズを測る
まずはボトルのサイズを測定します。
ボトルによって周囲や高さが違いますので、作りたいボトルの正確なサイズを出しておくことが大切です。

今回は350mlのくびれているボトルです。
くびれているボトルでも、長方形でデザインしていきます。
ペットボトルのように、フィルムがぴったり張り付いているものは、「シュリンク包装」といって、熱収縮性プラスチックフィルムを熱で被包装物にぴったり貼り付けています。
デザインするときは熱を当てる前の長方形で作っていきます。

2.ガイドを作成
ボトルのサイズが測れたら、ガイドを作成します。
このとき、必ず等倍で作成します。
ラベルは貼り付けるので、当然のりしろが必要になってきます。
のりしろ部分をきちんととっておかないと、文字が切れてしまったり、写真が中途半端に・・・なんてことがないよう注意しましょう。

3.文字やイラストを描く
パッケージの顔となるのがフォントやイラスト。
今回は完全コピーを目指すので、できる限り似ているフォントを使っていきます。
シアーやサイズ、配置など細かいところまで似せていきます。

ボスの場合は、ロゴマークにもなっているパイプをくわえた男の人をペンツールでトレスしていきます。一見簡単そうに見えますが、手書き風に見えるよう、パス(アンカーポイント)を多めに作ってトレスします。パスが少ないと角がカクカクしてしまったり、細かいところをうまく表現できないので丁寧にトレスしていきます。

4.裏面を作る
さて、表ができたら裏面を作っていきます。
裏面は成分表示や商品の詳細な情報が載っています。
文字ばかりなので簡単かと思いきや、文字端をそろえるのが結構大変。カーニングトラッキングを駆使してきれいに揃えていきます。
行送りのポイントも均一にして、小さい文字でも読みやすくなるようにします。

リサイクルマークの「PET」や「プラ」はフリーのベクター素材があるので、それをダウンロードして配置します。
バーコードもWEBで簡単に作成できるものがあるので、それを利用します。

5.印刷が何色でされているのか確認する
パッケージデザインで大切なのが印刷色数。
パッケージの印刷に使われる色の殆どが特色です。
色指定がきちんとされていないと正しく印刷されないので、印刷色見本帳などで近い色を探っていきます。

色指定について
例えば特色(DICやPANTONECOLOR)を使った印刷物であれば、特色の部分をほかの色に置き換えて指定します。
例えば特色DIC619を使いたい場合は、
DIC619をシアンに置き換えてデータを作成します。
入稿データには、C=100→DIC619 と記述します。

また、ペットボトルのラベルは透明なフィルムに印刷しますので、白い色を出したい場合は、白を指定しなければいけません。ここが紙の印刷物と異なります。いつもの印刷物と同じようにデータを制作したら白いはずの部分が透明に・・・なんてことがないよう、白を指定したい部分にはきちんと白を指定しましょう。
また、分かりやすいように、透明の部分も透明と書いておくと良いでしょう。
普段自分が飲んでいるもののラベルが何色印刷なのか?
ちょっと注意して観察してみるとパッケージデザイナーとして目が養われていきますよ!

デザインの学校 DTPデザイン応用編 色の話

皆さんこんにちは。今回はDTPデザインの中でも、特に注意する点であるの話をしていこうと思います。

◎RGBとCMYK
コンピュータのモニターは光の三原色―――即ち「赤」「緑」「青」の3色で構成される「RGB」により画像や映像を表現しています。これにより、人間が見ることのできる範囲、いわゆる可視光線を表示することができるのです。
しかし、このRGBと主にプリンターなどの印刷機器で使われる形式が異なる。カラー印刷で使用されるのは色材の三原色―――「シアン」「マゼンタ」「イエロー」に「ブラック」を足した合計四色で構成される「CMYK」です。
このモニターと印刷物での色の形式違いが、コンピュータ上で制作した物と実際に印刷した物の色がずれてしまう要因なのです。

RGBは色光を重ねることにより白くなっていく加色法であり、コンピュータ上では重ねた色と色の16進数を加法することで別の色を表現します。
光の三原色 RGB

対してCMYKは光が吸収される原因で色合いが決まりまる減色法です。こちらは重ねるごとに色は光を失っていき黒になります。そして、印刷物は全てこのCMYKで表現されるのです。
色材の三原色 CMYK

もうおわかりですね。そう、コンピュータ上で作ったRGBのデータを印刷する場合、必ず“CMYKの形式に変換しなければならない”のです。
しかし、形式が違うとはいえ、同じ“色”であるならば問題はない筈―――とお思いになるでしょうが、そう単純な話ではないのです。

それはそれぞれの方法で人間が見ることのできる可視光線を表現できる範囲が違うからです。
色 図式 色度図

上の図は色度図と呼ばれる図です。ここの黒い線で囲ってある部分がRGBが表現できる色の範囲白い線で囲ってある部分がCMYKが表現できる色の範囲です。
実はRGBと比べると、CMYKが表現できる色の範囲は狭いのです。特にオレンジ、マリンブルー、ライムグリーンなどの色はCMYKでは表現し難く、RGBからこれらの色をCMYKに変換すると黒ずんでしまいます。
デジタルカメラなどで撮った写真を印刷すると、実際に撮った時の色とは違う色で印刷されてしまうのは、印刷前にこのRGB→CMYKの変換が自動的に行われている結果なのです。
このためDTPでは“モニターで制作した印刷物の色と、実際の印刷物の色は違う”という前提を持って作成することが求められます。基本、どの印刷会社でもCMYKでの印刷ですので、自分の制作物とその印刷物のデザインが食い違わないように細心の注意を払う必要があります。
慣れないうちは、アナログの本に載っているCMYKのチャート表と照らし合わせながら制作すると良いでしょう。

◎色の要素
色の表現の中で最も一般的なのが色相、彩度、明度の3つの要素で表現することです。

色相は色味を表現する要素です。これをわかりやすく図式にしたのが色相環と呼ばれる円状の図。
色 色相環
黄、赤、青の3色を基本として黄と赤、赤と青、青と黄の間にある色を生成して作られています。 この色相環の反対側にある色を補色関係にある色と言い、この色同士を配色するとより色を強調し、鮮やかに見せることができます。また明度の近い色(赤と緑など)を配色すると「ハレーション」と呼ばれる隣り合った部分がチカチカと点滅する現象が起きます。他にも補色と補色を合わせると無彩色である灰色(グレー)になることも覚えておきましょう。

彩度は色の鮮やかさに関係する要素です。色には無彩色有彩色の2種類があり、前者は白黒とその間にある灰色(グレー)を指し、後者はそれ以外の色を指します。上で説明した色相環にある色は全て純色という彩度が最も高い色です。彩度はこの純色から黒までの間で表現される色のことなのです。

明度は色の明るさを表します。黒から白までの色で表現され、前者が最も明度が低く、後者が最も明度が高い色です。これは純色でも同じように表現されます。有彩色の明度はわかりにくいですが、色をグレースケールに置き換えると、黄色が最も明度が高い純色となります。一度試してみましょう。

これだけ把握するだけでも、単なるベタ塗りとは違う色を出すことができるはずです。まずは数多の数ある色に触れてみることから始めていきましょう。

◎配色とその見本
いくらデザインが良くても、色が合っていなければ台無しになってしまいます。しかし、自分の描いたデザインに合う色を見つけ出すのは、慣れていないと大変な作業です。
そんな方々のために、最近では配色の見本を掲載した専門書やサイトが出てきました。慣れないうちはこれを活用し、配色を決めていきましょう。
以下はその配色見本の中から抜粋したものです。
季節や場所、行事だけでなく、形容詞のようなあいまいなものまで多様な配色パターンが存在します。また、これはほんの一例に過ぎません。同じテーマでも、まだまだ沢山配色パターンがありますので、あくまで参考程度に。

例:行事
クリスマス
「もちろん緑と赤。それに文字の装飾に良く使われる黄金色に近い色を配色」
クリスマス 色 配色
左「C:95 M:20 Y:55 K:0」「R:0 G:141 B:132」「#008D84」
中「C:0 M:25 Y:50 K:0」「R:250 G:204 B:136」「#FACC88」
右「C:0 M:90 Y:75 K:0」「R:232 G:56 B:54」「#E83836」

正月
「赤を基点とし、補色である緑を入れることでより際立出せる配色」
正月 色 配色
左「C:5 M:55 Y:80 K:0」「R:233 G:140 B:58」「#E98C3A」
中「C:25 M:100 Y:100 K:0」「R:192 G:25 B:32」「#C01920」
右「C:65 M:0 Y:60 K:0」「R:84 G:184 B:131」「#54B883」

例:形容詞
幻想的な
「昔から神秘的な意味を持つ青を基点に、静かな森の中の水辺をイメージした配色」
幻想的 色 配色
左「C:100 M:85 Y:55 K:30」「R:0 G:47 B:75」「#1C324B」
中「C:40 M:5 Y:20 K:0」「R:163 G:208 B:208」「#B0CFCF」
右「C:85 M:45 Y:40 K:0」「R:9 G:117 B:138」「#437588」

ロマンチックな
「夕日の沈む浜辺のイメージ。左から徐々に夜になっていく配色」
ロマンチック 色 配色
左「C:0 M:40 Y:70 K:0」「R:246 G:173 B:84」「#F6AD54」
中「C:0 M:10 Y:15 K:0」「R:253 G:236 B:219」「#FDECDB」
右「C:70 M:60 Y:40 K:0」「R:98 G:104 B:127」「#62687F」

色はデザインの中で最も奥が深い要素の1つです。理解するのには非常に時間がかかるでしょう。
それを短縮するためにもまず、世の中にある配色を意識して見ることを始めましょう
どんな色が自然なのか。どんな色が目立つのか。


れを把握できるようになれば、あなたのDTPスキルは飛躍的にアップするでしょう。

DTPデザイン応用編 Tシャツ制作

今回はDTPデザイン応用編最終日の授業風景をお見せします。
この日の課題は「Tシャツ作成」
VLのスタッフも混じって好きなデザインでTシャツを作りました。
まずはIllustratorで制作します。
Tシャツに転写されることを考えてテストコピーを繰り返し丁度良いレイアウトを考えます。
そしてデータを転写シートに印刷
転写面をハサミで切り出していきます。
 
準備が出来たら後はアイロンで力いっぱいプレスぶー
冷ましてからシートを剥がすと綺麗にTシャツに転写されました
 
そして出来上がった作品はこちら
      
最後は出来立てほやほやのTシャツを着て皆でクールに記念撮影

 

DTP(印刷・広告・グラフィック)デザイン中級者向き 山梨県デザインスクール ウェブデザインスタジオ山梨

DTPデザイン応用編 マーケティング

今回のウェブデザインスタジオ DTP デザイン応用編の最終回の授業は、デザイナーにとって今後必要となるコアスキルマーケティングについて講議していただきました。

自己紹介
まず最初に行なわれたのが、ひとり5分間の自己紹介スピーチです。
話しているうちにネタが尽きてしまったり、逆に余計なことを盛り込み過ぎてアピールしたいことを話せなかったり・・・十分な準備もないまま、自分のことについて5分間ピッタリで話すということはなかなか難しいものですね。
ところが、人の印象というものは出会ってから最初の6秒程度で決まってしまうそうで、さらに印象のほとんどは視覚的な部分から、残りは声や話し方といった部分で補われるとのこと。
同じことはデザインにも言えるので、人間と違って声を出すことが出来ないぶん、デザイナーは最初に与える見た目の印象を十分に意識する必要がありますね。
制約というカベと発想のカベ
人間とは面白いもので、何の制約も設けずに自由な状態になるとかえって自分でカベを作ってしまい、なかなか自由な発想が出来なくなってしまいます。
そこで幾つかの制約を先に用意してあげると、人間はカベを超えるべく色々な発想をするようになり、かえって自由な発想が出来るようになるそうです。
とはいうものの発想には限りがあり、やがて発想のカベにぶつかります。
しかし、そのカベを越えた先にこそ本当のアイディアや表現が潜んでいるのです。
出涸らしのお茶は飲めたものではありませんが、出涸らしになった後で思いついたことには皆がツバを飲むかも知れませんよ。
マーケティングとイノベーション・シンキング
デザイナーの仕事はクライアントの意思に忠実に応えて売れるデザインにするということであり、その為にはマーケティングが必要となって来ます。
マーケティングは顧客のニーズを重視した「マーケットイン型」と、作り手の主張を重視した「プロダクトアウト型」に以前は分けられました。
しかし、最近は「プロダクトイン型」という顧客のニーズをリサーチした後、それを精査して作り出すことを重視した第3の型が出てきたそうです。
つまり、リサーチによって得られた数字に肌で感じたものをあわせて作りあげる作業となります。
では、マーケティングを行なう際に大切となることとは何でしょう。
それはイノベーション・シンキング(革新的な思考)・・・今までに存在しないものを考え出す柔軟な思考です。
イノベーション・シンキングを行なう際のポイントは次の10項目になります。
1.前提を疑う
2.探り出す質問にする
3.見方を変える
4.奇抜な組み合わせをしてみる
5.アイディアを採用し(真似をして)、応用し、改良する
6.ルールを変える
7.アイディアの量を増やす
8.試して評価する
9.失敗を歓迎する
10.チームを活用する

以上のことを試しながら、あらゆる方向からものを観察して今までに気付かなかった部分を発見してあげたり、不利であったと思われていた部分を逆に強みに置き換えてみるのです。
・・・なんだか恋愛にも応用できそうな気がします。

ブレインストーミング
ブレインストーミングとは少人数のグループで自由に意見を出し合い、あるテーマに関する様々な意見を抽出する討論会のようなものです。
個人個人が持ち寄った断片的な情報や知識を複数の人間が考え、意見をすることで様々な知識が融合して化学反応が起こり、今までにない斬新的なアイディアが生まれやすくなります。
ここで重要となるルールが4項目あります。
1.自由な意見を歓迎する
2.頭ごなしに否定しない
3.意見は質よりも量を求める
4.人の意見に便乗し発展させる

以上のことを守りながら話し合いを進めていくと、時には座談会のように笑い話へ発展してしまうこともありますが、そんな笑いのツボの中にもヒントや発明の種が埋もれていて、思いもよらないアイディアに発展していくことが多々あるそうです。
こうして非常に濃い内容の講義となりましたが、今後の仕事へも活かせるよう頑張っていきたいと思います。

デザインの学校 DTPデザイン応用編 DC山梨10月19日号

無料クーポン誌DCウェブデザインスタジオ山梨の誌面タイアップ第三弾!
今回はいろいろなスポットをクローズアップした。「おでかけ特集」を企画、制作しました。今回始めて物撮り以外の野外や店内の撮影で、受講生全員でアクティブに撮影してきました。

 

DC山梨おでかけ特集 DC山梨おでかけ特集 DC山梨おでかけ特集 DC山梨おでかけ特集

 

晴天に恵まれた野外の撮影に比べて、真っ暗な中でスポットライトのみのネイルーショーはとても難しかったです。
オートのデジカメでは暗くなると、自動的にシャッタースピードが遅くなりISOの数値が高くなるのでボケたり粒子が粗くなったりします。

 

なので、暗いところでの撮影は三脚を立ててISOをマニュアルで設定するのがベスト!全自動で便利なデジカメでもこうやって少し手を加えることでより素敵な写真が撮れる様になるんですね。紙面作りの方は、読みごたえのある読み物系としてテキストの部分も多く取りました。

 


DC山梨おでかけ特集ページ

 

ボリュームのある文章の中でいかにわかりやすく、魅力を伝えていくかが難しかったです。

 

DTP(印刷・広告・グラフィック)デザイン中級者向き 山梨県デザインスクール ウェブデザインスタジオ山梨

デザインの学校 DTPデザイン応用編 DC山梨8月10日号

無料クーポン誌DCウェブデザインスタジオの誌面タイアップ第二弾。
今回は女の子必見の「DC山梨スイーツ特集ページ」を企画しました。ケーキの写真は店内で取らせてもらったので、ライティングなどのセッティングが難しかった。

 

DC山梨スイーツ特集ページ DC山梨スイーツ特集ページ DC山梨スイーツ特集ページ DC山梨スイーツ特集ページ

 

特に難しかったのは黒いチョコレートケーキ。工夫しないと真っ暗に写ってしまうのです。

 

デジカメにはピントを合わせたところの色を、白と黒の間のグレー50%と認識するホワイトバランスのオート機能があるので、真っ黒なケーキにピントを合わせると全体的に暗くなってケーキの質感も飛んでしまいます。

 

こんな時は、ケーキと同じ距離で一回グレー50%のものを入れて、ピントを合わせるときれいに取れました。次は紙面作りです。受講生全員で試食して、読者を惹き付けるような魅力的なキャッチコピーや文章を考えるのは、なかなか大変でした。

 


DC山梨スイーツ特集ページ

 

取材・撮影・ライティング・デザインまで行うことで、雑誌を作るには何が必要なのか、また作業を分担するときにはどのような指示が必要なのかが分かりました。

 

DTP(印刷・広告・グラフィック)デザイン中級者向き 山梨県デザインスクール ウェブデザインスタジオ山梨

デザインの学校 DTPデザイン応用編 DC山梨6月15日号

すでにご存知の方がいたら嬉しいですが。
なんと、無料クーポン誌「DC」とウェブデザインスタジオの誌面タイアップが実現。
ワタシたちウェブデザインスタジオの受講生が企画・編集した記事が、フリーペーパーとなって発行されましたぁ~。
掲載されたのは、どこでもクーポン山梨 「DC」 7・8月号

 

受講生自ら取材・撮影・誌面作りの全てを行い、初めて一から記事を作るという体験をさせていただきました。今回は6月15日発行に合わせ、テーマは2007年夏企画!ということで内容は「花火・浴衣・ビアガーデン特集」に決定!A3見開き1ページ分を製作することになりました。まずは掲載可能な店舗探しからスタート。電話又はメールにて企画の趣旨を説明し、お店側に協力していただかなければはじまりません。

 

しかし、探してみると、なかなか県内のビアガーデンが見つからないというアクシデントもあったりして、なんとか協力いただける店舗も集まり始めたところで、次は各店舗への取材&撮影です。時間の関係上全ての店舗は回れませんでしたが、ドキドキしながら取材に向かうと・・・。いかにも素人っぽいワタシたちに対して、お店の人達は親切に対応してくれ、ちょっと安心。

 

そして、いざ撮影開始。いろいろなアングルで各商品を撮っていきます。後々切り抜いた画像を使用することを考え、白をバックに撮影を行ったり。

 

着物
長襦袢として使われていた生地をリメイクするということで見せていただいたり。

 

生地
レースがかわいい半襟や、かんざしもパチリ。

 

半襟 かんざし

 

使える写真を撮るのは難しいなぁ~と感じつつ、撮影完了。
これで素材の用意も準備万端です。キャッチコピーを考えて何回もラフデザインを練り直し、アドバイスをいただきながら、誌面作りも完成しました

 


DC山梨夏の特集ページ

 

そして、がんばった甲斐あってか、ワタシたちが作ったページが今回のDC内で一番最初の特集ページとして掲載されており、これにはびっくり!猛暑になりそうな今年の夏。DC花火・浴衣・ビアガーデン特集を参考に夏ならではの楽しみを満喫していただけると嬉しいです!!

 

各地での花火大会情報も紹介していますよ。気になった方は、ぜひぜひご覧ください。県内のローソンやファミマをはじめ、設置店約300店舗で無料で手に入ります!

 

DTP(印刷・広告・グラフィック)デザイン中級者向き 山梨県デザインスクール ウェブデザインスタジオ山梨

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様