【EXCEL上級】条件付き書式 データーバー

こんにちわ。

今回は条件付き書式 データーバーの使い方をご説明しますね。(^_-)

データーバーを使うとセルの値の高さがバーの長さに比例して表示されるので、一目で値の比較ができるんですよ。

ではやってみましょう。(*^_^*)

下図の人口統計表の人口の欄を範囲選択します。

人口統計表

ホームタブスタイルグループから条件付き書式をクリックし、データーバーにマウスを合わせ、データーバーの色を選択します。

今回は塗りつぶし(グラデーション)からをクリックします。

データーバー リストの図

下図のようにセル内にデーターバーを表示することができましたね。(^_-)

データーバーを表示した図

【Excel上級】条件付き書式 平均より下

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って、平均より下の値のセルを強調表示する方法をご説明しますね。(^^)

日本全国の人口統計表を使って、全国平均より下の都道府県を強調表示してみたいと思います。

下図のように北海道から沖縄までの人口のセルをドラッグして範囲選択します。

人口統計表

ホームタブのスタイルグループから条件付き書式をクリックし、上位/下位ルールにマウスを合わせ平均より下をクリックします。

平均より下

平均より下」ダイアログが表示されますので、書式を指定し、OKをクリックします。

平均より下ダイアログの図

下図のように都道府県の全国平均2,718,458より下の都道府県のセルが強調表示されましたね。(^○^)

平均より下のセルが強調表示された図

【Excel上級】条件付き書式 平均より上もご覧ください。

【Excel上級】条件付き書式 上位10項目もご覧ください。

【EXCEL上級】条件付き書式 下位10項目もご覧ください。

【Excel上級】条件付き書式 上位10%もご覧ください。(^_-)

【Excel上級】条件付き書式 平均より上

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って、平均より上の値のセルを強調表示する方法をご説明しますね。(^^)

今回は日本全国の人口統計表を使って、全国平均を上回る都道府県を強調表示してみたいと思います。

下図のように北海道から沖縄までの人口のセルをドラッグして範囲選択します。

人口統計表

ホームタブのスタイルグループから条件付き書式をクリックし、上位/下位ルールにマウスを合わせ平均より上をクリックします。

条件付き書式 上位/下位ルール 平均より上

平均より上」ダイアログが表示されますので、書式を指定し、OKをクリックします。

平均より上ダイアログの図

下図のように都道府県の全国平均2,718,458より上の都道府県のセルが強調表示されましたね。(^○^)

平均より上のセルを強調表示した結果の図

【Excel上級】条件付き書式 上位10項目もご覧ください。

【EXCEL上級】条件付き書式 下位10項目もご覧ください。

【Excel上級】条件付き書式 上位10%もご覧ください。(^_-)

【Excel上級】条件付き書式 下位10%

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って下位10%を強調表示してみたいと思います。(^.^)

下図の人口統計表の人口の下位10%を占める都道府県を強調表示してみましょう。

まず北海道から沖縄までの人口のセルをドラッグします。

都道府県の人口欄を範囲選択した図

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックし、上位/下位ルールにマウスを合わせ下位10%をクリックします。

条件付き書式 上位下位ルール

下位10%ダイアログが表示されます。

今回は緑色に強調表示してみたいと思いますので、「書式:」欄で「濃い緑の文字、緑の背景」をクリックし、OKをクリックします。

下位10%ダイアログの図

下図のように強調表示することができましたね。 d(⌒ー⌒)

下位10%が強調表示された結果の図

EXCEL上級【条件付き書式 下位10項目】もご覧ください。

【EXCEL上級】条件付き書式 下位10項目

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って下位10項目強調表示する方法をご説明しますね。(*^_^*)

下図の人口統計表の中から下位10項目のセルを強調表示してみたいと思います。

まずは北海道から沖縄の人口の範囲を選択します。

人口統計表

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックします。

上位/下位ルールにマウスを合わせ、下位10項目をクリックします。

下位10項目をクリック

下位10項目ダイアログボックスが表示されますので強調表示したい書式を選択し、OKをクリックします。

この時、強調表示する項目数を変更することもできるんですよ。(^.^)

下位10項目ダイアログの図

下図のように人口の少ない10項目を強調表示することができましたね。(^_-)-☆

下位10項目を強調表示した結果の図

【Excel上級】条件付き書式 上位10項目もご覧ください。(^_-)

【Excel上級】条件付き書式 上位10%

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って、上位10%強調表示する方法をご説明しますね。(^.^)

下図は2005年の日本の県別人口統計表です。

人口の上位10%を占める都道府県のデータを強調表示してみたいと思います。

人口統計表の図

まず北海道から沖縄県までのデータをドラッグします。

範囲選択している図

ホームタブのスタイルグループ 条件付き書式をクリックし、上位/下位ルールにマウスを合わせ、上位10%をクリックします。

上位10%をクリックしている図

上位10%ダイアログが表示されますので、「書式:」欄で「濃い緑の文字、緑の背景」をクリックします。

上位10%ダイアログの図

日本の人口の上位10%を占める都道府県のデータが強調表示されましたね。(^_-)-☆

上位10%が強調表示された結果の図

【Excel上級】条件付き書式 上位10項目もご覧ください(^.^)

【Excel上級】条件付き書式 上位10項目

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って上位10項目強調表示する方法をご説明しますね。(*^_^*)

下図の8月の最高気温のうち上位10項目のセルを強調表示してみたいと思います。

まずは最高気温の範囲を選択します。

8月の気温表をドラックした図

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックします。

上位/下位ルールにマウスを合わせ、上位10項目をクリックします。

上位10項目をクリックしている図

上位10項目ダイアログボックスが表示されますので強調表示したい書式を選択し、OKをクリックします。

この時、強調表示する項目数を変更することもできるんですよ。(^.^)

上位10項目ダイアログの図

下図のように強調表示することができましたね。(^_-)-☆

上位10項目を強調表示した結果の図

【Excel上級】条件付き書式 上位10%もご覧ください。(^_-)

【Excel上級】条件付き書式 重複する値

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って、セルの値が重複する場合にそのセルを強調表示する方法をご説明しますね。(^.^)

下図の表の商品名欄が重複するセルを赤く強調してみましょう。

商品名欄をドラッグして範囲選択します。

売上明細表の図

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックし、セルの強調表示ルールをポイントしてから重複する値をクリックします。

重複する値

下図のダイアログが表示されますので「重複」と「濃い赤の文字、明るい赤の背景」を選択し、OKをクリックします。

重複する値 ダイアログの図

下図のように値が重複しているセルを強調表示することができましたね。

条件付き書式で重複する値のセルを強調表示した結果の図

ちなみに「重複する値」ダイアログで「一意」を選択すると、値が重複していない一意のセル強調表示されるんですよ。(^_-)-☆

一意のセルを強調した結果の図

【Excel上級】条件付き書式 日付もご覧ください(^_-)

【Excel上級】条件付き書式 文字列

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って特定の文字列が入力されているセルを強調表示してみたいと思います。(^_-)

下図の検定試験結果表の合否欄が不合格のセルを強調表示してみましょう。

まず合否欄を選択します。

検定試験結果表

ホームタブ条件付き書式をクリックし、セルの強調表示ルールにマウスを合わせ、リストから文字列をクリックします。

条件付き書式 セルの強調表示ルール 文字列の図

文字列ダイアログが表示されますので、「次の文字列を含むセルを書式設定:」欄に「不合格」と入力し「書式:」欄では「濃い赤の文字、明るい赤の背景」を選択しOKをクリックします。

文字列ダイアログボックスの図

「不合格」という文字列を含むセルが赤色に強調表示されましたね。(^.^)

不合格セルを赤色に強調した結果の図

【Excel上級】条件付き書式 指定の値に等しいセルを強調表示するもご覧ください。(^o^)

【Excel上級】条件付き書式 指定の値に等しいセルを強調表示する

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って指定の値に等しいセル強調表示する方法をご説明しますね。(^.^)

下図の表の出場回数欄で出場回数が1のセルを強調表示してみたいと思います。

出場回数が入力されているセルをドラッグして選択します。

範囲を選択している図

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックします。

ホームタブ スタイルグループの図

セルの強調表示ルールにマウスを合わせ、表示されるリストの指定の値に等しいをクリックします。

指定の値に等しい

「指定の値に等しい」ダイアログが表示されますので、「次の値に等しいセルを書式設定:」欄に「1」と入力し
書式:」欄の右のボタンをクリックします。

指定の値に等しいダイアログの図

今回はリストにはない書式を設定してみたいと思います。
ユーザー設定の書式」をクリックします。

ユーザー設定の書式をクリックしている図

塗りつぶしタブで背景色を指定します。

セルの書式設定ダイアログ 塗りつぶし

フォントタブで文字の色を選択してOKをクリックします。

セルの書式設定ダイアログ フォントの図

出場回数が1のセルが指定した通りの書式になりましたね。(^^)/

条件付き書式 指定の値に等しいの結果

【Excel上級】条件付き書式 指定の範囲内のセルを強調表示もご覧ください(^_-)-☆

【Excel上級】条件付き書式 指定の範囲内のセルを強調表示する

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って指定の範囲内のセルを強調表示する方法をご説明しますね。(^.^)

下図の「検定試験結果」表の点数欄の値が70から89までのセルの文字が赤く表示されるように設定してみましょう。

検定試験結果表の図

まず下図のように点数の範囲を選択します。

点数欄をドラッグした図

ホームタブのスタイルグループ条件付き書式をクリックします。

スタイルグループの図

セルの強調表示ルールにマウスを合わせ、指定の範囲内をクリックします。

条件付き書式のリストの図

下図のようなダイアログが表示されます。

「次の範囲にあるセルを書式設定:」欄に「70」と「89」を入力し、「書式:」欄では「赤の文字」を選択します。

指定の範囲内ダイアログの図

下図のように点数が70~89のセルの文字が赤になりましたね。(^_-)-☆

条件付き書式の結果の図

【Excel上級】 条件付き書式 指定の値より大きいセルを強調表示する

【Excel上級】条件付き書式 指定の値より小さいセルを強調表示するもご覧ください。(*^_^*)

【Excel上級】条件付き書式 指定の値より小さいセルを強調表示する

こんにちわ。

今回は条件付き書式を使って指定の値より小さいセルを強調表示する方法をご説明しますね。(^.^)

下図の「検定試験結果」表の点数欄の点数が70未満のセルを黄色に強調してみましょう。

検定試験結果表の図

まず点数欄を範囲選択します。

点数欄をドラッグした図

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックします。

スタイルグループの図

セルの強調表示ルールをクリックし、指定の値より小さいをクリックします。

セルの強調表示ルール 指定の値より小さいの図

「指定の値より小さい」ダイアログが表示されます。

「次の値より小さいセルを書式設定:」欄に「70」と入力し、「書式:」欄ではリストから「濃い黄色の文字、黄色の背景」を選択します。

OKをクリックします。

指定の値より小さいダイアログの図

下図のように70より小さいセルを黄色に強調することができましたね。(^_-)-☆

検定試験結果表を強調表示した結果の図

【Excel上級】 条件付き書式 指定の値より大きいセルを強調表示するもご覧ください。(*^_^*)

【Excel上級】条件付き書式 指定の値より大きいセルを強調表示する

こんにちわ。

今回はセルの値によってセルの書式を変更する方法をご説明しますね。(^_-)

そのために使うのが条件付き書式という機能です。

下図の「検定試験結果表」の点数が70点以上の場合にセルが緑色に強調表示されるように設定してみましょう。

検定試験結果表の図

まず、点数の範囲を選択します。

点数の範囲を選択した図

ホームタブスタイルグループ条件付き書式をクリックし、表示されたリストからセルの強調表示ルールをクリックします。

セルの強調表示ルール

さらに指定の値より大きいをクリックします。

指定の値より大きいの図

指定の値より大きい」ダイアログが表示されます。

左の「次の値より大きいセルを書式設定:」ボックスに69」と入力し右の「書式:」ボックスのVをクリックします。

指定の値より大きいダイアログボックスの図

表示されたリストの中から、濃い緑の文字、緑の背景をクリックします。

濃い緑の文字、緑の背景を選択している図

点数欄が70以上のセルが緑色に強調表示されましたね。(^.^)

70点以上のセルを強調表示した結果の図

【Excel上級】条件付き書式 指定の値より小さいセルを強調表示するもご覧ください(^_-)-☆

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様