【Excel上級】DATE関数で日付のシリアル値を作成する

こんにちわ。

今回は別のセルに入力された年・月・日から、日付のシリアル値を作成する方法をご説明しますね。(*^_^*)

日付のシリアル値について詳しくは【Excel上級】日付のシリアル値をご覧ください。

下図のように年月日がそれぞれ別々のセルに入力してあると、エクセルはこれを日付ではなくただの数値として認識しているんですよ。

ではこれを1つの日付のシリアル値にしてみましょう。(^.^)

別個に入力された日付の図

結果を表示させたいセルD3を選択してから、数式タブをクリックします。

数式タブの図

関数ライブラリグループ日付/時刻をクリックし、表示されたリストのDATEをクリックします。

日付/時刻のDATE

DATE関数の引数ダイアログボックスが表示されます。

最初の引数の「」にカーソルがある状態でセルB3をクリックします。

DATE関数の引数ダイアログボックスの図

引数「年」には西暦年を指定する必要があるので続けて「+1988」と入力します。

平成年に1988を足すと対応する西暦年になりますよね。(^o^)

引数「」にカーソルを置いてセルB4をクリックし、「」にカーソルをおいてセルB5をクリックし最後にOKをクリックします。

すべての引数を入力した図

下図のようにセルD3日付のシリアル値を作成することができましたね。(^。^)ノ

日付のシリアル値に変換した結果の図

Excel中級【曜日を取り出す WEEKDAY関数】

今回はWEEKDAY関数についてご説明したいと思います。(^v^)

このWEEKDAY関数は日付のシリアル値から曜日を取り出す関数です。

といっても曜日を表す数字が取り出されるのですが… (@_@)

日付のシリアル値についてはExcel上級【日付のシリアル値】をご覧ください。

それでは、下図の社員名簿の生年月日の曜日を表す数字を表示してみましょう。

セル「I4」をクリックします。

社員名簿の図

数式」タブをクリックします。

数式タブの図

関数ライブラリ」グループの「日付/時刻」をクリックします。

表示されたリストの「WEEKDAY」をクリックします。

日付/時刻関数のリスト

関数の引数ダイアログが表示されます。

シリアル値」ボックスにカーソルがある状態でセル「E4」をクリックします。

関数の引数 シリアル値の図

種類」ボックス内に「」と入力します。

「種類」を「」にすると日曜日なら「1」、月「2」、火「3」、水「4」、木「5」、金「6」、土「7」という数字が返されます。

「種類」を「」にすると月曜日なら「1」、火「2」、水「3」、木「4」、金「5」、土「6」、日「7」という数字が返されます。

「種類」を「」にすると月曜日なら「0」、火「1」、水「2」、木「3」、金「4」、土「5」、日「6」という数字が返されます。

「種類」を省略すると「1」にしたのと同じ結果になります。

OKをクリックします。

引数種類の図

下図のように「」曜日になりました。つまり木曜日に生まれたということですね。

weekday結果の図

でも曜日を数字で示されても、何曜日に対応するのかすぐには分かりませんね。
(・_・;)

月、火、水と漢字で表示されたほうがずっと分かりやすいですね。

数字で返された曜日を「日から土」までの文字に対応させる方法があるんですよ。

次回以降そのやり方をご説明しますね。(^^)/

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

Excel中級【日を取り出す DAY関数】

先回はMONTH関数についてご説明しましたね。

今回はDAY関数についてご説明したいと思います。(^v^)

この関数は日付のシリアル値から日だけを取り出す関数です。

日付のシリアル値についてはExcel上級【日付のシリアル値】をご覧ください。

下図の社員名簿の生年月日から日だけを取り出してみましょう。

関数を入力したいセル「H4」をクリックします。

社員名簿の図

数式」タブをクリックします。

数式タブの図

関数ライブラリ」グループの「日付/時刻」をクリックし、表示されたリストから「DAY」をクリックします。

日付/時刻リストの図

関数の引数」ダイアログが表示されるので「シリアル値」の右ボックスの中にカーソルがある状態でセル「E4」をクリックし、OKをクリックします。

関数の引数ダイアログの図

下図のように「生年月日」から「」だけを取り出すことができましたね。(^_-)-☆

DAY関数結果の図

この式を下までコピーしてみましょう。

下図のような結果になりますね。(^^)/

DAY関数コピー結果の図

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

Excel中級【月を取り出す MONTH関数】

先回はYEAR関数についてご説明しましたね。

今回はMONTH関数についてご説明したいと思います。(^v^)

この関数は日付のシリアル値から月だけを取り出す関数です。

日付のシリアル値についてはExcel上級【日付のシリアル値】をご覧ください。

下図の社員名簿の生年月日から月だけを取り出してみましょう。

関数を入力したいセル「G4」をクリックします。

社員名簿の図

数式」タブをクリックします。

数式タブの図

関数ライブラリ」グループから「日付/時刻」をクリックし、表示されたリストの「MONTH」をクリックします。

日付/時刻関数のリスト

関数の引数」ダイアログが表示されるので、「シリアル値」にカーソルがある状態で、セル「E4」をクリックします。

OKをクリックします。

関数の引数ダイアログの図

下図のように「生年月日」から「月」だけを取り出すことができましたね。

MONTH関数日付のシリアル値から月に対応する数値(1~12)を返してくれるんですよ。(^_-)-☆

この数式を下までコピーしてみましょう。

month関数の結果の図

下図のようになりましたか? (*^_^*)

month関数 コピーした結果の図

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

Excel中級【年を取り出す YEAR関数】

今回はYEAR関数についてご説明したいと思います。(^v^)

この関数は日付のシリアル値から年だけを取り出す関数です。

日付のシリアル値についてはExcel上級【日付のシリアル値】をご覧ください。

下図の社員名簿の生年月日から右隣のセルに年だけを取り出してみましょう。

セル「F4」をクリックします。

社員名簿の図

数式」タブをクリックします。

数式タブの図

関数ライブラリ」グループから「日付/時刻」をクリックします。

日付/時刻の図

表示されたリストから「YEAR」をクリックします。

日付/時刻関数のリストの図

YEAR関数の引数ダイアログが表示されます。

シリアル値」のボックス内にカーソルがある状態で、セル「E4」をクリックし、「OK」をクリックします。

関数の引数ダイアログの図

下図のように「生年月日」から年だけを取り出すことができましたね。(*^^)v

year関数の結果の図

その式を下までコピーしましょう。

すべての人の生年月日から年だけを取り出すことができましたね。(^^)/

コピーした結果の図

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

Excel中級【今日の日付を表示 TODAY関数】

今回はTODAY関数についてご説明しますね。

この関数は今日の日付のシリアル値を入力してくれる関数です。

日付のシリアル値についてはExcel上級【日付のシリアル値】をご覧ください。

セルに今日の日付「2010/12/15」と入力すると次回そのファイルを開いた時も「2010/12/15」のまま表示されますね。

でもこのTODAY関数を入力しておくと、毎回ファイルを開いた時の今日の日付が表示されるんです。

といってもこれはパソコンに内蔵されている時計の日付です。

もしその日付が間違っているとしたらTODAY関数の結果も同じく間違ってしまいますので、直しておく必要がありますね。(*_*)

では今日の日付をTODAY関数を使って入れてみましょう。

今日の日付を入れたいセル、今回はセル「A1」をクリックします。

数式」タブをクリックします。

数式タブをクリックの図

関数ライブラリ」グループから「日付/時刻」をクリックします。

関数ライブラリの図

表示されるリストから「TODAY」をクリックします。

TODAYをクリックの図

関数の引数」ダイアログが表示されますが、TODAY関数には引数を指定する必要がありませんので、そのままOKをクリックします。

関数の引数ダイアログの図

下図のように今日の日付が表示されますね。(^。^)

TODAY関数結果の図

セル「A1」を選択した状態で数式バーを見ると「=TODAY()」と表示されていますね。

ではこの式の後ろをクリックして下図のように「+1」を付け足してみましょう。

数式バーの図

「Enter」キーを押すと下図のように明日の日付になりますね。

「7」を足せば1週間後の日付になります。

日付のシリアル値を使ってこんな計算もできるんですよ。(^^)/

=today()+1の結果の図

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室
  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様