Excel初級【日付の入力方法】

今回は日付の入力についてご説明しますね。(^。^)

いつもどのように入力していますか?

例えば今日の日付をセルに入力したい時どうしますか?

では実際にやってみましょう。

セル「A1」に、「12月13日」と入力してみて下さい。

では今度はセル「A2」に「12/13」と入力してみて下さい。

下図のようにどちらも同じように表示されますね。

日付を入力した図

中身はどうなっているでしょうか?

セルをクリックすると数式バーに値が表示されますが、どちらも「2010/12/13」になっていますね。

エクセルでは年を省略すると今年の日付で入力されることが分かります。

ですから違う年の日付を入力したい時は、年も含めて入力する必要があるんです。

では今度はセル「A3」に「平成22年12月13日」と入力してみましょう。

さらにセル「A4」に「h22/12/13」と入力して見て下さい。

下図のようになりますね。

ちなみに昭和の日付を入力したい時は、先頭に「S」をつけます。

いずれのセルもクリックして数式バーを確認すると同じ「2010/12/13」になっていることが分かります。

つまり同じ日付のシリアル値が入力されているということです。

日付のシリアル値についてはExcel上級【日付のシリアル値】をご覧ください。

数式バーの図

今度はこれらのセルの表示形式を変えてみましょう。

セル「A1」から「A4」までをドラックして下さい。

ホーム」タブの「数値」グループ 表示形式のをクリックします。

表示形式の▼の図

表示されたリストから「短い日付形式」クリックします。

短い日付形式の図

下図のようにすべて同じ表示になりますね。

結果が同じになるのなら、一番楽な方法で入力すればいいわけですね。(^v^)

表示形式変更結果の図

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

Excel初級【絶対参照】

先回はRANK関数を使って順位を求めることができましたね。(*^^)v
今回はこの計算式をコピーしてから、絶対参照についてご説明したいと思います。

もう一度「セルA4」をクリックして、入力されている関数を確認してみましょう。「セルA4」をクリックすると数式バーに入力されている計算式が表示されますね。

=RANK(C4,$C$4:$C$17,0)となっているはずです。「=RANK」とありますのでこのセルに「RANK」関数が入力されていることが分かります。そして「」から一番最初の「」の間にある「C4」が1つ目の引数です。次の「」からその次の「」までの間にある「$C$4:$C$17」が2つ目の引数で、3番目の「」から「」までの間にある「0」が3つ目の引数です。

?今回はその計算式を下にコピーしてみたいと思います。

下図のように「セルA4」の右下にマウスを合わせ「+」が表示されたらそのまま「セルA17」までドラックします。

絶対参照

セルの計算式がコピーされ、下図のようになりますね。

絶対参照

範囲の一番下の「セルA14」をクリックしてみましょう。数式バーを見るとこのセルの計算式が分かりますね。「セルA4」に最初に入力した1つ目の引数は「C4」でしたが、それが「C17」に変化していますね。このように計算式の中でセル番地を指定するとそのセル番地は1つ下のセルにコピーすれば1つ下のセル番地に、1つ右にコピーすれば1つ右のセル番地に変化するのです。

でも今回の2つ目の引数のようにコピーしてもセル範囲を変えたくない場合には、絶対参照のセル番地にする必要があるのです。計算式の中でセル範囲を指定した直後に「F4」キーを押すことでセル番地の列番号・行番号の左に「」が表示され、絶対参照のセル番地になります。

そのため計算式をコピーしても2つ目の引数は「$C$4:$C$17」のままで変化していないんですよ。(^v^)

絶対参照

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

Excel初級【四則演算】

今回はエクセルでもっとも基本的な四則演算の方法をご説明しますね。四則演算とは足し算、引き算、掛け算、割り算のことですね。

エクセルではセルに計算式を入力する時には初めに「」を入力します。「」を入力することでエクセルはこれから入力されるものが文字ではなく、計算式であることを認識し計算してくれるんですよ。

まず下図のように計算結果を表示させたい「セルB3」をクリックします。そして「」を入力し、続けて「6+2」と入力します。

足し算

ENTER」を押すと下図のように、入力した足し算の計算結果「」が表示されますね。

足し算結果

では続けて今度は「セルB4」に引き算を入力してみましょう。

下図のように「=6-2」と入力します。

引き算

次は掛け算です。エクセルで掛け算をする時に使う記号は「×」ではなく「」です。下図のように「セルB5」をクリックしてから「=6*2」と入力します。

掛け算

今度は割り算です。割り算の時に使う記号は「÷」ではなく「」です。下図のように「セルB6」に「=6/2」と入力しましょう。

割り算

割り算の結果「」が表示されていますね。

各セルには計算結果が表示されますが、下図のように「セルB3」をクリックすると上の「数式バー」にはセルに入力されている計算式が表示されます。そのようにして入力されている計算式を確認することができるんですよ。(^^)/

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

Excel初級【合計の計算式】

今回は「数量」と「金額」の合計を出してみましょう。(^v^)
下図のように合計を出したいセル「B7」をクリックします。

画面上リボンのホームタブの編集グループ内の「Σ」(合計)ボタンをクリックします。

下図のように表示されたら「Enter」キーを押します。

この「SUM」というのは合計を出すための関数です。「B4:B6」というのはセル「B4からB6」という意味ですから、セルB4からB6までの合計を出す計算式を入力したことになります。

下図のような結果になりましたか?

うまくできましたら「D7」にも同じように合計を出してみましょう。(^^)
Excelセレクトコース
ビジネスパソコンマスターコース
アプリケーションスペシャリストコース

詳しくは、ビジネスパソコン講座【Excelコース】をご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

Excel初級【計算式のコピー】

今度は入力した計算式を下にコピーしてみましょう。(^-^)
まずは計算式を入力したセル「D4」をクリックします。
数式バーを見ると「=B4*C4」という計算式が入力されていることが分かりますね。

そのセル「D4」の右下の角にマウスを合わせてみて下さい。マウスの形が「」に変わりましたか。ではその位置でマウスを押したまま下図のようにセル「D6」までドラックします。

下図のような結果になりましたか?

コピーした計算式を見てみましょう。セル「D5」をクリックしてみて下さい。数式バーを見ると「=B5*C5」となっていますね。

エクセルではこのように計算式を1つ下のセルにコピーすると計算式の中で使われているセル番地も同じように一つ下に変化するんですよ。(^^)

Excelセレクトコース
ビジネスパソコンマスターコース
アプリケーションスペシャリストコース

詳しくは、ビジネスパソコン講座【Excelコース】をご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

Excel初級【画面概要編-数式バー】

Excel初級【画面概要編-数式バー】

今回は数式バーについて少し触れてみます。

数式バーは昨日お話した名前ボックスの隣にあります。

数式バー

セルを選択したとき、その内容を表示する場所数式バーです。
数式バーでは表示したセルの内容を修正することもできるんですよ(^^)

Excelセレクトコース
ビジネスパソコンマスターコース
アプリケーションスペシャリストコース

詳しくは、ビジネスパソコン講座【Excelコース】をご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様