Word中級【挨拶文の挿入】

?先回はビジネス文書についてご説明しましたね。

今回はビジネス文書の挨拶文の挿入方法についてご説明しますね。(^^)

挨拶文はたいてい 時候の挨拶安否の挨拶感謝の挨拶から成っています。

日頃から慣れていないとそのような文章を自分で考えるのはちょっと大変ですね。(-_-;)

ワード2007には自分で挨拶文を考えなくても季節にあった文章を選んで挿入することのできる便利な機能があるんですよ。

では下図のビジネス文書を使って実際に挨拶文を挿入してみましょう。

ビジネス文書の図

挿入」タブをクリックします。

挿入タブの図

テキスト」グループから「挨拶文」をクリックします。

挨拶文の図

表示されたリストから「あいさつ文の挿入」をクリックします。

あいさつ文の挿入の図

下図のような「あいさつ文」ダイアログが表示されます。

3月のあいさつ」「安否のあいさつ」「感謝のあいさつ」それぞれの中から使いたいものを一つづつ選んでクリックします。

最後に「OK」をクリックします。

あいさつ文ダイアログの図

下図のように挨拶文を挿入することができましたね。(^_-)-☆

挨拶文を挿入した結果の図

Word【ページ番号の挿入】

今回はページ番号の挿入方法についてご説明しますね。(=^・^=)

文書が2ページ以上ある時、ページの番号が振ってあると分かりやすいですよね。

下図の文書の下にページ番号を入れてみましょう。(^-^)

ページ番号を挿入する前の文書の図

挿入」タブをクリックし、「ヘッダーとフッター」グループの中から「ページ番号」をクリックします。

挿入タブ ヘッダーとフッターグループの図

下図のようなリストが表示されますので、「ページの下部」にマウスを合わせます。

ページ番号 リストの図

右にリストが表示されますので、その中から挿入したいページ番号をクリックします。

今回は「ページ番号/総ページ数」の表示にしたいので、スクロールして下のほうにある「太字の番号2」を表示し、クリックします。

ページの下部 リストの図

文書の下部にページ番号を挿入することができましたね。(^_-)-☆

ページ番号を挿入した結果の図

最後に「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブの「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリックします。

ヘッダーとフッターを閉じるの図

Word中級【フッターの挿入】

?

先回は文書にヘッダーを入れることができましたね。(^^)

今回はフッターについてご説明したいと思います。

フッターというのは文書の下の余白に入れる文字や図ですね。

下図の文書のフッターの右側学校名と電話番号を入れてみたいと思います。

文書全体の図

挿入」タブをクリックします。

挿入タブの図

ヘッダーとフッター」グループの「フッター」をクリックします。

ヘッダーとフッターグループの図

下図のようなリストが表示されますので、「フッターの編集」をクリックします。

フッターのリストの図

本文の色が薄くなり、フッターの編集状態になりますね。

フッターの編集状態の図

それではフッターに「マチスアカデミーさかおり校 055-231-5589」と入力してみましょう。

フッターを入力した図

このフッターを右揃えにしたいと思います。

ホーム」タブをクリックします。

ホームタブの図

フッターにカーソルがある状態で、「段落グループ」の「右揃え」をクリックします。

段落グループの図

フッターを右揃えにすることができましたね。(*^^)v

右揃えにした図

ヘッダー/フッター ツール」の「デザイン」タブをクリックし、

ヘッダー/フッターツール デザインタブの図

閉じる」グループの「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリックすると

フッターの編集状態を終わらせることができます。

ヘッダーとフッターを閉じるボタンの図

Word中級【ヘッダーの挿入】

今回はヘッダーの挿入についてご説明しますね。(^v^)

ヘッダーとは上部余白に表示される文字や図のことです。

普通、ヘッダーに指定したものはすべてのページに表示されるんですよ。

それで会社名や日付などを全ページに表示するためによく使われています。

それでは下図の文書のヘッダーに日付を入れてみましょう。

文書の初めの状態の図

挿入」タブをクリックします。

挿入タブの図

ヘッダーとフッター」グループから「ヘッダー」をクリックします。

ヘッダーとフッターグループの図

下図のようなリストが表示されるので、「ヘッダーの編集」をクリックします。

ヘッダーの編集の図

下図のように本文の色が薄くなり、ヘッダーの編集状態になります。

ヘッダー編集中の図

挿入グループ」から「日付と時刻」をクリックします。

挿入グループの図

日付と時刻」ダイアログが表示されますので、カレンダーの種類を「西暦」にし、表示形式は「2011年2月16日(水)」にします。

自動的に更新する」をチェックしておくと毎回ファイルを開くたびにその時の日付が表示されるようになるんですよ。(^^)

OKをクリックします。

日付と時刻ダイアログの図

下図のように文書の左上に日付を表示することができましたね。 (*^^)v

ヘッダーが挿入された図

ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブの「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックすると、ヘッダーの編集を終えることができます。

ヘッダーとフッターを閉じるの図

Excel上級【縦棒と折れ線の複合グラフ】

今回は一つのグラフの中に縦棒の系列と折れ線の系列が存在するグラフを作ってみたいと思います。(^^)

下図の「山梨支店実績表」は4月から6月までの社員の売上を表にしたものです。

各社員と合計の推移が分かるようなグラフを作ってみましょう。

各社員は縦棒合計は折れ線にしてみたいと思います。

セル「A3」から「D8」をドラックして範囲選択します。

実績表の図

挿入」タブの「グラフ」グループの「縦棒」をクリックします。

挿入タブ グラフグループの図

リストから「2-D縦棒」の一番左の「集合縦棒」をクリックします。

2-D縦棒の図

下図のようなグラフが作成できましたね。

このグラフは横(項目)軸が社員の名前、凡例が4月から6月になっていますが、月の経過によってデータがどのように変化したかを確認したいので、横(項目)軸と凡例を入れ替えたいと思います。

グラフの各部の名称についてはExcel中級【グラフ各部名称】をご覧ください。

縦棒グラフの図

グラフツール」の「デザイン」タブ 「データ」グループの「行/列の切り替え」をクリックします。

グラフ デザインタブ データグループの図

下図のように横軸が月になりましたね。

こうすると時間の推移とともにデータがどのように変化したか確認しやすくなるんですよ。(^_-)-☆

今度は系列「合計」を折れ線にしてみたいと思います。

水色の長い棒のどれでもいいのでクリックします。すると「合計」の系列すべてが選択されますね。

合計のデータ系列の図

デザイン」タブの「種類」グループから「グラフの種類の変更」をクリックします。

「グラフの種類の変更」ダイアログが表示されるので、左の「折れ線」をクリックし、右の折れ線欄から「マーカー付き折れ線」をクリックして選択し、OKをクリックします。

グラフの種類の変更ダイアログの図

下図のように「合計」の系列を折れ線に変えることができましたね。(*^_^*)

複合グラフ完成の図

このブログについてまたは当パソコンスクールについては
山梨県パソコンスクールマチスアカデミーをご覧ください。

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

Excel中級【円グラフ】

今回は3-D効果のついた円グラフを作成してみたいと思います。
円グラフ各要素の割合を示すのに便利なグラフですね。(^v^)

下図は「このパソコンスクールをどこで知ったのか」というアンケート結果を表にまとめたものです。この表をもとに円グラフを作成してみましょう。

セル「A4からB9」をドラックして範囲選択します。

マチスアカデミーを知ったけっかけ表の図

挿入」タブをクリックします。

挿入タブの図

グラフ」グループから「」をクリックします。

グラフグループの円の図

表示されたリストの「3-D 円」から一番左の「3-D 円」をクリックします。

3-D円の図

下図のように3-D効果のついた立体的な円グラフができましたね。(^^)/

3-D円グラフの図

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

Excel中級【折れ線グラフ】

今回は体重のデータをもとにしたダイエットグラフをつくってみたいと思います。(^.^)

まず、下図のように体重を1カ月に一度入力した表を作ります。

元の表の図

今回は折れ線グラフを作ってみましょう。
折れ線グラフ時間の経過とともにどのようにデータが変化しているかを示すのに適したグラフなんですよ。

セル「A3」から「E4」をドラックします。

挿入タブをクリックします。

挿入タブの図

グラフ」グループから「折れ線」をクリックします。

折れ線グラフの図

2-D折れ線」から「マーカー付き折れ線」をクリックします。

マーカー付き折れ線の図

下図のようなグラフができますね。

折れ線グラフの図

このグラフを少しづつ修正してみましょう。
右の凡例を消たいと思います。
下図のように「グラフツール」の「レイアウト」タブをクリックします。

レイアウトタブの図

ラベル」グループから「凡例」をクリックし「なし」をクリックします。

凡例なしの図

次に数値軸ラベルに「kg」といれてみたいと思います。

ラベル」グループの「軸ラベル」をクリックし、「主縦軸ラベル」にマウスを合わせ、「軸ラベルを水平に配置」をクリックします。

軸ラベルを水平に配置の図

表示された「軸ラベル」を消して「kg」と入力します。

最後にタイトルを挿入し「ダイエットグラフ」にします。

タイトルの挿入の仕方については「グラフタイトル挿入」をご覧ください。

下図のような折れ線グラフができましたね。(^v^)

グラフ内の各部の名称や概要についてはグラフ各部名称をご覧ください。

折れ線グラフ完成図

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

Excel中級【縦棒グラフの作成】

今日は縦棒グラフの作成方法をご説明しますね。(^.^)
縦棒グラフは数値の大小を直接比較して見るのに適しているグラフです。
グラフを作成するには、グラフの元になるデータが必要ですね。
下図の人口統計表を使って県ごとに男女別の人口を比較する縦棒グラフを作ってみましょう。

グラフ元データ

グラフを作る元になるデータの範囲選択をする必要がありますので、
セル「A3からC13」をドラックします。

挿入」タブをクリックします。

挿入タブ

グラフ」グループの「縦棒」ボタンをクリックします。

縦棒グラフ挿入

メニューが表示されますので、「2-D縦棒」の中から「集合縦棒」ボタンをクリックします。

「2-D」を選ぶと平面のグラフになりますが、「3-D」にすると奥行きのある立体的なグラフになります。一番左のものであれば、作られるグラフの内容は「2-D」でも「3-D」でも同じになります。「円柱」、「円錐」「ピラミッド」なども同様です。どのデザインにしたいのかによって変えてみてください

下図のような縦棒グラフができますね(^O^)

次回以降、このグラフの細かい設定をしていきましょう。(^^)/

JR酒折駅前のパソコン教室とデザイン教室

パソコンスクール・デザインスクールのアルバイトを募集中

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様