【就職セミナー】自分の気持ちを相手に伝える

学校とは違い会社には様々な年齢の方がいます。
相手に対して不満や疑問に思うことを意見できない方も多いのではないでしょうか?
その際に「アサーティブコミュニケーション(アサーション)」が役に立ちます。

 

アサーションとは自分も相手も尊重する表現方法です。
アサーションの表現方法に「アイメッセージ」というものがあります。
「アイメッセージ」とは「私(I)」を主語にした話し方です。
自分がどう思っているかを相手に伝えることにより、たとえその意見が通らなかったとしてもまったく伝えないよりは少しは心が楽になります。
「どうして○○なんですか?」よりも「私は○○だと思います」と伝えることにより相手の意見を否定せず、あくまで「自分はこう思っている」といった意見を伝えることができます。

 

例えば職場の上司とランチに行ったとします。
あなたは和食が食べたい気分です。でも上司から「今日は洋食を食べよう!」と言われました。
あなたならどうしますか?
その際に相手が上司だからといって我慢してしまうよりも「私は和食が食べたいです」と自分の意見を言うことにより我慢していた気持ちが緩和されます。

 

「わがままと思われるのでは?」と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、上記のやりとりでは相手の意見は否定しておらずあくまで「自分」の意見を話しただけということになります。

 

自分が負担にならないためにも相手にメッセージを伝えることが大切です。
とはいえいきなり実行するのは難しいかと思いますので少しずつでも良いので相手を否定せずに自分の素直な気持ちを伝えられるようにしましょう。

就活対策!就職セミナー開催のお知らせ

当パソコンスクールでは、就職セミナー ~コンサルタントが知っている夢を実現する方法~をはじめ、一般の方向けに3つの公開講座(セミナー)を開催いたします。

学生、社会人、クリエイター、デザイナー、エンジニアのみなさまのスキルアップや役立つ知識と技能の取得にご利用ください。各種公開講座(セミナー)の詳細はウェブデザインスタジオ山梨をご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP