開いているウィンドウを一瞬で閉じる方法

パソコンに表示しているウィンドウを一瞬で閉じたい時ってありますよね。

パソコンを長い時間使っていると気づいたらたくさんのウィンドウを開いていたとか、インターネットブラウザをすぐに終了したい時。

そんな時、マウスで右上の「×」マークで閉じるのが一般的かと思います。
パッとすぐに閉じたい時はショートカットキーが便利です。

  

今回は、パソコンを処分する前にするべきことをご紹介します。

  

◎方法

Ctrlキーを押しながら+Wキーを押す

  

たったこれだけです。
マウス操作をしていて、閉じたくなったらCtrlキーとWキーを押すだけです。

  

◎インターネットブラウザで使うと

InternetExplorerやGoogleChromeなどのインターネットブラウザでCtrl+Wを押すと、「今開いているタブを閉じる」になります。

他にタブが開いている場合はそのタブが代わりに表示されます。

  

「Ctrl+Tab」だと、「次のタブに移動」となります(Ctrl+Shift+Tabで逆順)。
これも覚えておくと結構便利です。

  

◎Officeソフトで使うと

WordやExcelなどのOfficeソフトでCtrl+Wを押すと、開いていたファイル(文書)が閉じます。

Wordは起動したままだけど、開いていた文書は閉じられるので空の状態が表示されます。

  

ソフト全体を終了させたい場合は「Alt+F4キー」です。
インターネットブラウザの時も同じです。どんなにタブを開いていても、一瞬ですべて終了します。

  

 

  

マチスアカデミーさかおり校では、マイクロソフトオフィスの様々な講座をご用意しております。

講座では、今回紹介したようなショートカットキーや、実務に活用できるスキルを学ぶことができます。

>> ワード Word基礎・Word中級・Word応用

>> エクセル Excel基礎・Excel中級・Excel応用

>> パワーポイント PowerPoint初級・PowerPoint活用

>> パソコン入門 ~初心者向けはじめの一歩~

  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP