• ホーム
  • » 【Excel上級】AND関数 複数の条件すべてを満たしているか判定する

【Excel上級】AND関数 複数の条件すべてを満たしているか判定する

こんにちわ。

今回はAND関数についてご説明しますね。(^.^)

条件が複数あって、その複数の条件すべてが満たされているかどうかを判定するのにこのAND関数を使うと便利なんですよ。

例えば下図の検定試験結果表に合否を求めてみたいと思います。

筆記の点数70点以上なおかつ、実技の点数70点以上の場合を合格としそれ以外は不合格とします。

ではやってみましょう。

セルE4をクリックしておきます。

検定試験結果表の図

数式」タブの「論理」をクリックし「IF」をクリックします。

IFをクリックしている図

関数の引数ダイアログが表示されますので、真の場合に「“合格”」、偽の場合に「“不合格”」と入力し、論理式の欄をクリックします。

IF関数ダイアログの図

下図の▼をクリックします。

▼をクリックする図

リストから「AND」をクリックします。

ANDをクリックしている図

AND関数の引数ダイアログが表示されますので、論理式1に「C4>=70」、論理式2に「D4>=70」を入力し、OKをクリックします。

AND関数の引数ダイアログ

下図のように結果が表示されます。

合否の結果が表示された図

計算式を下までコピーするとすべての人の合否が出せますね。(*^_^*)

計算式をコピーした図

 


  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様