Excel初級【罫線の引き方】

今回はちょっと複雑な罫線を上手に引く方法をご説明しますね。
エクセルの罫線は普通の格子なら簡単ですが、点線、太線、二重線などを組み合わせると引くのが難しいという方もいらっしゃいます。
では下記の表のような罫線を引く場合、どうしたらよいでしょうか?

範囲の外側は太線、内側の縦線は普通の太さの線ですが、横線は普通の太さの線、点線、二重線、と3種類もありますね。

このような場合は2回に分けて罫線の設定をしたいと思います。

まずは下図のように線を引きたい範囲全体をドラックして選択します。

ホーム」タブの「フォント」グループ内の「下罫線」ボタン右の「」をクリックし、メニューから「その他の罫線」をクリックします。

下図のように「セルの書式設定」のダイアログボックスが表示されます。

ダイアログボックスの中央に田んぼの田のそれぞれのますの中に「文字列」と書かれた領域がありますね。ここは「プレビュー枠」といって現在の線の種類が表示されているところです。

「田」の外枠は範囲選択している領域外側の線を表しています。また、内側の縦の線範囲選択している領域の内側の縦線すべてを表しています。「田」の内側の横線は範囲選択している領域の内側の横線すべてを表しています。

今は「田」の部分すべてが普通の線になっていますね。

ではまず外枠から変えてみましょう。

セルの書式設定ダイアログボックス内の左上「」の「スタイル」の中から少し太めの線をクリックします。

次に上の「プリセット」の中の「外枠」ボタンをクリックします。

するとプレビューの外側の線が太線に変わります。

続けて「」の「スタイル」の中から点線をクリックして選びます。

そして真ん中のプレビュー枠の左にある「横線」ボタンをクリックします。

そうするとプレビューの内側の横線が点線に変わりますね。

ここで「OK」をクリックします。

すると下図のようにドラックした範囲の外側が太線、内側の横線すべてが点線になります。

このように複雑な罫線を引く場合、まず全体にもっとも頻度の多い種類の線を引いておきます。

次の段階としてセル「A4」から「D6」をドラックして範囲選択します。

再び「ホーム」タブの「フォント」グループ内の「その他の罫線」をクリックします。

セルの書式設定」のダイアログボックスが表示されます。

プレビューには今選択している範囲のセルに引かれている罫線の種類が表示されていますね。左と右が太線、上と下と中の横線が点線、中の縦線が普通の太さの線です。

では今選択されている範囲の上線を普通の太さの線、下線を二重線にしてみましょう。

スタイル」の中から普通の太さの線を選び、プレビュー枠の左にある「上線」ボタンをクリックします。

続けて「スタイル」の中から二重線を選び、プレビュー枠の左にある「下線」ボタンをクリックします。

「OK」をクリックします。

下図のようになればOKです。

いろいろな線種の罫線の引き方はいかがでしたか?(^v^)

ポイントは選択範囲セルの書式設定ボックスのプレビューです。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。(^^)/
Excelセレクトコース
ビジネスパソコンマスターコース
アプリケーションスペシャリストコース

詳しくは、ビジネスパソコン講座【Excelコース】をご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP