Excel初級【最大値 MAX関数】

今回は山梨県の8月の最高気温、最低気温の中から最も高かった気温を求めてみましょう。
MAXという関数を使います。(*^^)v

最高値を出したい「セルB39」を選択します。

最高値

関数の挿入」ボタンをクリックします。

関数の入力

「関数の挿入」ダイアログボックスの中から「MAX」関数を選択し、「OK」をクリックします。

関数の挿入

「関数の引数」ダイアログが表示されます。「数値1」の右横のボタンをクリックします。

MAX関数

下図のように自動的に範囲が判断されますが平均も範囲に含まれてしまっていますね。(*_*)

参照ボタン

今回は8月1日から31日までの中で最高値を求めたいので、下図のようにすべての日の最高気温を範囲選択します。

範囲選択

正しい範囲になりましたね。

参照

この画面で「OK」をクリックします。

関数の引数

指定した範囲の中でもっとも大きい数値が出ました。8月の最高気温の最高値は37℃だったんですね。(・_・;)

最高値

右にコピーすれば最低気温の最高値も求められますね。(^v^)

最高値コピー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP