• ホーム
  • » デザインの学校 ウェブデザイン応用編 ECサイトについて

デザインの学校 ウェブデザイン応用編 ECサイトについて

皆さんこんにちは。本日は通販サイト―――ECサイトの制作について解説していきます。

ECサイトとは、自分の商品やサービスをネット上にある独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことを指します。一般的にネットショップと呼ばれているものです。
昨今は企業はもちろん主婦の方まで、ECサイトを運営している人は幅広く、これからもっと伸びる市場だと期待が集まります。

ジュエリーと言えば、やはり女性が身につけるもの。このサイトでは主に若い女性をターゲットにしているので、サイトのメインカラーをピンクに設定。特徴的なロゴと「格安ジュエリー通販は宝石の町、甲府から!」という文句を大きく入れ、一目でここがどんなサイトかわかるように制作しましょう。ECサイトで使う文句は主に格安、高品質などがベター。そこに甲府という場所やエンゲージリングなど扱っている商品の中でも自慢の商品を据えて、このサイトだけの売り文句を作りましょう。

ウェブデザインスタジオ ECサイト バナー

上図には会員のログイン、会員のMYページ、新規会員登録、カゴの中身を見るという項目が並んでいます。少し画面をスクロールして左右を見ると同じ所に飛ぶ場所はありますが、一番目に行くサイト上部に項目を用意することでよりスムーズに顧客がサイト内を行き来できます。

ウェブデザインスタジオ ECサイト 広告 ブログ

中央にあるのは広告とブログです。
広告は大きく表示することでより顧客の目を引くことができます。サイトを見る人の目の動きは、最初に最上部のバナーを見て、興味を持ったら下にスクロールし、そこで広告を目にします。ここで顧客が求めている、興味を持つような広告を表示することで顧客を商品ページに誘導する(広告には必ずその商品へのリンクを貼りましょう)ことができるのです。サイト制作に慣れてきた人は、広告に横スクロールの機能を付けて複数の広告を表示するという工夫をしてみてもいいかもしれません。
ECサイトでのブログは、実は意外と注目される要素です。通常の店と違い、ECサイトは今営業しているのか、ここはちゃんとした店なのか、判断が難しいものです。せっかく気に入った品物があっても、届くまでに時間がかかったり、不良品が送られてきて損をした、という話は後を絶ちません。そうしたECサイトの判断基準として、ブログの更新があげられます。ブログがきちんと定期的に更新されていれば、そこはちゃんと人が管理しているという証明になるのです。また、ブログの更新はサイトの宣伝にも直結しますので、ECサイトを運営する際にはブログもセットで制作しましょう。

ウェブデザインスタジオ ECサイト カゴ

左には買い物カゴと商品の一覧、お問い合わせなどの各種情報を掲載。

ウェブデザインスタジオ ECサイト ログイン 検索

右には会員のログインフォーム、検索フォーム、営業カレンダーを載せています。
どれもサイトに合わせ、そして誰が見てもわかりやすいデザインを心がけたものです。前回、前々回のアイコンやバナー制作の内容などを駆使しましょう。

◎サイト
こうしたECサイトを提供しているサービスは数多くあります。
ここでは上からオススメ順にサイトをご紹介。

・楽天市場 出店・開業―ネットショップ出店をサポート!資料請求も無料!―

・Yahoo!ショッピング – ネットで通販、オンラインショッピング

ネットショップでの開業、開店から販売、成功まで『ショップサーブ』

・日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE

◎アップロード
今までサイト情報のアップロードに使用するFTPサーバはFFFTPを使うのが一般的でしたが、最近は高性能なFileZillaが主流になりつつあります。

・FileZilla – The free FTP solution

・FileZilla プロジェクト日本語トップページ -SourceForge.JP

元は英語サイトですが、有志の方で日本語化が進んでいますので問題なく使用できます。
FTPだけでなくSFTPやFTPSにも対応。ファイルの転送速度は比較的速く、待たされることや途中で止まることはありません。また右クリックからファイルを開いたり、編集したり、アップロードすることが可能ですので、スムーズな作業が可能となります。
もちろん無料で利用できますので、是非導入してみてください。

ECサイトにはウェブサイトを構築する上で必要な要素が多数そろっています。
参考などにするだけではなく、是非一度どんなものなのか触れてみてはいかがでしょうか。


  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様