デザインの学校 ウェブデザイン応用編 第5回

皆様こんにちは。
7月最後の授業となった今回。

まず前回宿題だったアクセスマップ・施設案内図・登山コースガイド の披露・評価から入りました

個々の作品は私の目からするとどれも完成度が高く、良い作品だと思うのですが、やはり先生の目は違うようで、各自指摘が入りました。

  • 何が一番大切なのか目立たせる
  • フォントの統一
  • 文字の大きさ
  • 道中の線の強調
  • 主役とサブの扱い

などなど・・・

ちなみに地図は考える力を問われるそうです。
地図によりデザイナーのレベルがわかるそうです。

先生が持ってきてくださった沢山の資料があったのですが、それを見ても地図ごとに
個性があり、小さく、簡易的でも見やすいものや、情報量が多くてもわかり易いもの。
その中でも、観光雑誌で有名なまっぷるが出している「東京遊ビ地図」という雑誌の
地図が分かりやすくて参考になりました。

http://www.mapple.co.jp/
(東京遊ビ地図の他にも色々な観光雑誌各種あるようです)

資料集めはとても大切なことだと改めて実感いたしました

また、地図をシンプルにするメリットは自分が好きにアレンジできるという点にあるようです。
(詳しくはグーグルマップ等で補足すればOK)

ちなみにグーグルマップをサイトで表示させる方法は

リンク

グーグルマップを表示させたときに、右上にある所をクリック。
するとURLが出てきますので、それをサイトに貼るだけで簡単にマップを入れられます!

今回、上記の観光雑誌のほかに、サイトからも地図をリサーチしたのですが、
リサーチしたサイトをブックマークしたのですが、ブックマークは知らない間に
どんどん追加されていき、何を調べたか?が分からなくなることがありますよね?なので
ブックマークは意図的に整理」することが大切です

例えば「何の情報か(サイト名)」とすると
「地図(ウェブデザインスタジオ)」
こう記述することにより、地図の情報で、それはウェブデザインスタジオのものだと一目両全ですね。

ここで一つ豆知識を・・・Internet Explorerで簡単にお気に入りを整理する方法があります。
まず、Internet Explorer の [お気に入り] メニューから、[Shift] キーを押しながら [お気に入りの整理] をクリックします。するとエクスプローラが開き、ファイルを移動するのと同じ感覚でお気に入りが整理できるというとても便利な豆知識です

また、今回とても便利なファイル形式を教わりました。
それは「リッチテキスト」です。

リッチテキストの形式で記述された文章は、単に文字情報であるだけでなく、文字そのものがひとつの表現となりうるもので、文書内に図形や表を埋め込むことも可能です。
このファイル形式で文章を作成すれば相手がWordを持っておらず、自分がWordで作成してしまった場合でも安心。
これで保存することにより、相手のパソコンでもWord文章をメモ帳などで開いてくれるといった優れものです

Wordといえば、なかなか高額なので手に入らない・・・という方もいらっしゃると思います。
そこで画期的なのがOpenOfficeです
これはMicrosoft officeとほぼ同じ機能が無料でダウンロードできるというものです

もし新しいパソコンは買ったけど、Microsoft Officeが入っていなかった・・という方にオススメです

次回はついにお客様(クライアントの甲府市様)と実際お会いして、打ち合わせの中でどういったサイトにするかを決めます。
今からとても緊張します・・・が、皆で頑張ります!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP