デザインの学校 ウェブデザイン応用編 第3回

 皆さんこんにちは。
授業も3回目になり若干ですが慣れてきました。

今回も、宿題の相互確認より始まりました。
皆が各々に作成したブログのメインビジュアル。

Fireworks で作成したメインビジュアは各々の個性が光る作品ばかりでした。
私は「やっぱりそれぞれのセンスにより作品の出来が違うのか・・」と考えていたのですが
どうやらデザインというのは感性(センス)ではなく論理(ロジック)が大切のようです

くロジカルシンキングという言葉を耳にしますか、実際には何だろうかと思い、グーグルで調べてみました。「成功率を高め、確実に目標達成するために不可欠な思考法」だそうです。
先生は料理や建設でたとえ得るとわかり易いとおっしゃっていました。

用はターゲットを絞るといったことでして、早速皆で企画会議を行いました。

マウントピア黒平に来られるお客様の年代やその目的、県内を狙うのか県外を狙うのか・・・?

今回決まったのは

  • ターゲットユーザー
  • 県外、登山者、家族旅行、年配夫婦、サークル活動、カルチャースクール、など

  • 年齢層
  • 20~40代

  • 利用目的
  • 上記ユーザー、リゾート、仏閣寺院訪問、写真撮影、ロッククライミング

  • 訴求点
  • 百名山の黒富士山のちかく、登山コースに囲まれている、都内からのアクセスのよさ(片道2時間)。

  • 訴求できない点、差別化できない点
  • 温泉は湯質や施設の評価がない。河川は百名水ではない。黒富士山単体の固有名詞では通用しない。山の写真だけでは普通の山に見えるので魅力が分からない。若年層や女性受けするサービスが見当たらない。またはその準備がない。

このような結果がでました。

それを踏まえてメインビジュアルも練り直し。
より具体性を出し、動物や植物のイラストを入れると良いのでは?や、文章を強調すべきか、
どんな字体や色が良いのか・・・

また、今回の宿題でロゴも作成したのですが、イマイチ何を伝えたいのかが分からないと指摘を受け、具体性の大切さを学びました。

今回の宿題もメインビジュアル作成なのですが、前回学んだことを活かし、良い作品に仕上げたいと思います

さて、今日も便利な機能を紹介します。
皆さん、沢山の写真データの収納場所に困ったりしていませんか?そこで便利なのが「ウェブアルバム」です。
これはデジカメで撮影した写真や、イラスト、画像などをインターネット上で保存・公開できるサービスなのです!
例えばパソコンの容量が少なく、保存しきれない画像データをアップロードしてウェブ上で保管したり、旅行などの写真や自分で描いたイラストをアップすることにより、友人や家族、会社でも共有することが出来るんです。

ウェブアルバム

名前 保存容量(無料) 保存期間 アップロード制限 特徴
Picasa Web Album 1GB 無制限

1GB

Googleアカウントを持っていれば使用できる無料のサービス。編集した写真をクリックひとつでアップロードできる。
共用した写真にコメントや注釈もつけられる。
外部からの読み出しが可能なので、画像共有サイトからブログにリンクを貼り付けることが出来る。

Picasa ウェブ アルバムには閲覧制限機能もあるので、限定公開も出来る。

フォト蔵 無制限 無制限 月間アップロードが1GBまでだが、トータルの容量、枚数は無制限 無料サイトだが、アップ容量上限は無制限。ただし月間のアップロード容量は1GBまで。
容量無制限かつ、ブログにも貼り付け可能。
どちらかというと、写真共有サイトというよりは外部ブログとの連携得意としている。
はてなフォトライフ 無制限 無制限 毎月30MBまで はてなユーザーなら誰でも使用可能。お絵描き、動画アップロード機能、無料ブログのはてなダイアリーへの写真アップロードが可能。
また、はてなスターという評価システムがあるのも特徴。
Flickr 2GB トータル200枚を超えると古い写真は一覧に表示されなくなる 月間アップロードが100MB リサイズの種類が豊富。リサイズしたものを実際自分の目で確かめることが出来る。スライドショーやアルバム作成のためのコード、ブログ埋め込みのプラグイン等が多数ある。

これがあれば自分のパソコン内に収納する必要がなくなり、パソコンも快適になり、写真の整理も簡単ですね。
是非活用してください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP