デザインの学校 ウェブデザイン応用編 第2クール 「メイクの授業」

今回はホームページからちょっと離れ「写真の女性モデルにメイクをする」という授業です
写真の女性にメイクするって、どういうこと??と思うみなさん
では一緒メイクを楽しんで見ましょう
まず登場したのは素材集から登場したモデルさん
【 制作手順 】黄色かぶりした西日の強い女性モデルの写真を採用。

このままではメイクができませんので、自然な状態にします。
・・・ということで、写真の中からモデルさんを切り取ります。
するとメイク前のモデルさん完成です
【 制作手順 】美白が伝わるよう肌色を整え、鼻にあるホクロをスタンプツールで取り除く。背景をマスキングし取り除きホワイトバックにする。

そして早速メイク開始です。
メイク道具は「ラメ素材」

【 制作手順 】「レイヤースタイルダイアログ」から以下の手順でラメ素材(テクスチャーの生地)を制作します。これがキラキラメイクの元となる。
1 スカイブルーの「描画色」で任意のサイズでキャンパスを塗りつぶす。
2 新規レイヤー作成。
3 「フィルタ→描画→雲模様1」適用。
4 レイヤーの「不透明度」を、「70%」に変更。
5 「表示レイヤーを結合」して、好みの明るさを調整。


こちらをモデルさんの目元にのせていきたいと思います。
そして完成後のモデルさん。
どうでしょう、ステキな涼しげな目元になっていますよね

そしてモデルさんに前後にロゴやバナーを入れれば完成
これだけで化粧品のパンフレットに使えそうですね
さらにナチュラルメイクがお好きな方用に、メイク前のモデルさんにもロゴなどを入れてみましょう

たったこれだけでステキな写真が出来上がりです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP