デザインの学校 ウェブデザイン実戦編 スチール&ビデオ動画制作

皆さんこんにちは。
WEBデザイン実戦編は、デザインの現場で生きた知識と経験を吸収する OJT (On the Job Training) を中心に、職業体験を兼ねたプロに求められるスキルを学習するクラスです。

今回はスチール&ビデオの動画制作の授業です。
実際に取材へ行き写真と動画を撮影。その後に動画編集ソフトを使い写真をつなぎ合わせたりビデオ動画を作成し、作品にするのが今回の課題です。

動画制作というと難易度が高いかもしれませんが、最近の動画ソフトは使い勝手も良いものが多いです。
中でも有名なのがWindowsムービーメーカーAdobe premiere pro です。

Windowsムービーメーカーはご存知の方も多いと思いますが、自分で撮影したビデオはもちろんのこと静止画もBGM などが入った“ムービー作品を簡単に作成できる「オート ムービー」という機能が搭載されているものです。

こちらがその画面となります。

基本的な操作方法は、まず取り込みたい画像およびビデオを選択します。
取り込んだものは「コレクション」に表示されます。

コレクションより動画にしたい作品を「ストーリーボード」に挿入するだけです。

ストーリーボードに置かれた絵の上で右クリックすることにより「ビデオ特殊効果」をつけることができます。これはパワーポイントで動きをつけるのと似ています。

BGMを挿入したい場合も「オーディオまたは音楽の読み込み」から挿入が出来ます。
基本的に「ドラック&ドロップ」でお手軽に動画作成が可能なのがムービーメーカーの大きな魅力です。

Adobe Premiere Proはアドビシステムズが販売している映像編集を目的とした動画編集ソフトです。DVDの映像などを簡単に編集できます。

こちらがその画面となります。

まずムービーメーカーと同じようにファイルを読み込みます。すると「プロジェクト」に読み込んだファイルが保存されます。

その画像を「タイムライン」にドラック&ドロップをすることによりどのような順番で動画を作成するかが決定できます。

なお、Premiere Proはタイトルを画像に入れることが可能となります。テンプレートより選択していただいても自分で作るのも自由です。

このように動画ソフトを使うことにより簡単に動画編集が完成することができます!

では今回の授業で作成した作品です。

http://youtu.be/WHQXlfnJnug

いかがでしょうか?ムービーメーカーで作成いたしました。

 画面や動画の切り替わりでは特殊効果(ビデオトランジション)を加え、ばっさり画面が変わったり、唐突に画面が変わったりなどの違和感がないように、また格好よく演出します。

先ほど少しご説明した Adobe Premiere Pro では前のカットが徐々に消えながら(フェードアウト)、同時に次のカットが浮かび上がる(フェードイン)映像、いわゆるオーバーラップのことをディゾルブ(またはクロスフェード)と呼びます。この「クロスディゾルブ」や他の特殊効果(ビデオトランジション)を好みで組み合わせて映像編集を楽しみましょう。


また動画は長すぎても鑑賞するのに嫌がられてしまうので、長くても15分。ダイジェストなら数分くらいに纏めると(編集すると)好まれます。

ちなみにムービーメーカーはWindows Me ・ XP ・ Vista に標準で付属しているソフトです!機能が豊富な割りにインターフェースが分かりやすく、そして直感的に操作できるところが最大の特徴でもありますのでご自宅で試されてはいかがでしょうか?

実戦編もそろそろ終了となります。
最後はどんな作品となるのか・・・実戦編がスタートした頃は不安で一杯でしたが成長した今では次の作品が楽しみでなりません!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP