【Photoshop中級】プリクラのように盛った写真加工テクニック

皆さんこんにちは。
今回のWEBデザイン応用編・DTPデザイン応用編の授業では、Photoshop(フォトショップ)の応用技術をマスターします。

Photoshopの応用技術を身に着けることができれば、プリクラや自撮り写真以上の、盛った写真に仕上げることができます。「今回は60分変身コース」と題し、ギャル風の盛りメイクはもちろん全身にまで、ありとあらゆる加工を行いました。

デザインの学校 ウェブデザイン応用編 プリクラのように盛った写真加工テクニック

加工前(before)と加工後(after)は同一人物です。
加工前(before)の女性はそのままで十分なくらい可愛らしいのですが、あえてプリクラのように盛った写真加工を行っみると・・・このような結果になりました。
元々あるパーツや素材をあくまでも、盛るという範囲の加工に拘り、アイコラのように別の人のパーツや素材を持ってくるような事はナシです。
そのままでも十分可愛らしい素材の良さを活かし、できるだけ自然に盛る事にしました。
いかがでしょうか?
みなさまが普段利用されている、プリクラや自撮りアプリのような仕上がりになっているでしょうか?

◎写真加工ポイント(盛ったところ)

●顔+体のライン
●くびれたウエスト
●目力のあるアイメイク(盛りメイク)
●口元の微笑み
●茶色でアーチ型の眉(アイブロー)

さすがにプリクラや自撮りアプリでは、ここまで自然に顔や体のラインまで変えてしまうとは思いませんが、ご覧のようにPhotoshopがあれば簡単です。60分間という時間制限もありましたので今回はここまで・・・きっと、時間の問題でプリクラの技術がさらに進化し、プロが60分かかる作業を一瞬であっさり完成してしまう機種が近い将来現れても不思議ではありませんね。

Photoshopをマスターして、新しい自分を発見してみませんか?
最近のあるある話ですが、プリクラや自撮り写真と実物は乖離し過ぎて、プリクラだけを見て実物を対面すると驚く事は多々ありますよね。
例えば、フェイスブックやツイッター用の写真をちょこっと加工すればもしかしてイケメンとの出会いの機会が増えちゃうかも。
身体のラインまで加工してしまうと、いざ本人と会ったときに誰だかわからずスルーされちゃう危険性もあるので、盛りすぎには注意です!

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様