Gmailで使用可能な別名アドレス(エイリアス)

Gmailでは1つのアカウントにつき1つのメールアドレスとなっています。別のGmailアカウントを取得することはできますが、同じアカウントでサブアドレスのようなものを取得することはできません。

  

ただ1つのメールアドレスでも使い分けができるような仕組みがGmailで用意されており別名アドレスのように使用することができる“エイリアス機能”というものがあります。

  

この機能を使えば、多くのメールアドレスを作ることができる上、全て同じメールボックスに届くので非常に便利です。

  

ここではGmailで使用可能な別名アドレスについて解説します。

  

1. ユーザー名+任意の文字列
2. ドット(ピリオド)の有る無し
3. googlemail.comドメイン

  

  

◎ユーザー名+任意の文字列

Gmailではご自分のユーザー名の後に「 + 」を付けた上で任意の文字列を付け加えたものも使用することができます。例えば自分のメールアドレスが「matissesample@gmail.com」だった場合、「matissesample + 任意の文字列@gmail.com」のようなメールアドレスも使用できます。具体的には次のようなメールアドレスです。

  

●matissesample+info@gmail.com
●matissesample+school@gmail.com
●matissesample+office@gmail.com

  

元になっている「matissesample@gmail.com」の別名ですので、これらのメールアドレス宛てに届いたメールは全て「matissesample@gmail.com」に届きます。

  

せっかく別のメールアドレスにしたのに同じメールアドレス宛てに届いてしまうなら意味が無いと思われるかもしれませんが、Gmailのフィルタ機能を使って送信先のメールアドレス毎に異なる動作をさせることができます。

  

問い合わせ先メールアドレスを公開する時に、それぞれ異なる文字列を追加したメールアドレスを公開しておけば、受け取ったメールの送信先メールアドレス毎にフィルタを設定して振り分けを用意に行うことができます。

  

  

◎ドット(ピリオド)の有る無し

Gmailではメールアドレスのユーザー名部分について、ドット(ピリオド)の有る無しが違うだけのメールアドレスは同一として扱われます。例えばGmailで取得したメールアドレスが「matissesample@gmail.com」だった場合、「matisse.sample@gmail.com」など次に記載するようなメールアドレスは全て同じメールアドレスとして扱われます。

  

●matissesample@gmai.com
●matisse.sample@gmai.com
●mati.sse.sample@gmai.com
●ma.ti.ss.es.am.ple@gmai.com

  

その為、Gmailでは誰かが「matissesample」という名前でアカウントを作成すると、他の人は「matisse.sample」などのようにドットの違いだけのアカウントは取得できません。逆に誰かが「matisse.sample」というアカウントを取得したら他の人は「matissesample」というアカウントは取得できません。

  

ただしドットは連続して使ったり、@ の直前には使用できません。その為、下記のようなメールアドレスは使用できません。

  

●matisse..sample@gmai.com
●matissesample.@gmai.com

  

こちらは相手によって使い分けるというよりも自分がドットを入れたり消したメールアドレスを使いたくなった場合に自由に変更できるという使い方になるのではと思います。

  

◎googlemail.comドメイン

日本でGmailを利用する場合メールアドレスは「username@gmail.com」の形式ですが、ヨーロッパの一部の国では「username@googlemail.com」のようにドメイン名が「gmail.com」ではなく「googlemail.comが使用されています。日本の場合は通常「gmail.com」の方を使用していますが、「googlemail.com」も使用することができます。

  

日本で取得できるGmailアカウントは「username@gmail.com」のものだけです。ただこのGmailアカウントを取得すると自動的に同じユーザー名を使った「username@googlemail.com」も使用できるようになります。この二つのメールアドレスは同じメールアドレスとして扱われます。例えば、「matissesample@googlemail.com」宛てのメールは全て「matissesample@gmail.com」に届きます。

  

●matissesample@gmai.com
●matissesample@googlemail.com

  

こちらは実際に使用するというよりも、こういった利用も可能という程度に覚えておかれれば宜しいのではないかと思います。

  

◎クラウド型のメールアドレスの魅力

Gmailなどをはじめとする「クラウド型」のメールアドレスのメリットは、ただメールアドレスが多く作れることだけではありません。

最大の魅力は
●セキュリティ対策が強固なこと
●メール保存の容量が大きいこと
●どのデバイス(端末)からもアクセスできること

 

もしもパソコンが故障してしまっても、たいせつなメールは全てサーバーにあるので安心です。

そして何よりも、セキュリティがしっかりしていることです。中途半端なセキュリティ対策をしているパソコンでは簡単にウイルスに感染したり、ハッキングされてしまう可能性がありますが、Googleはセキュリティ対策が京子なのでその点は安心できます。

  

マチスアカデミーさかおり校では、今回紹介したような、ウイルス対策、セキュリティ対策などパソコンやスマートフォンを使用するうえで最低限知っておきたい基礎知識などを学ぶことができます。

>> パソコン入門 ~初心者向けはじめの一歩~

  

アプリからの個人情報流出に注意!スマートフォンのセキュリティ

かなり普及してきたスマートフォン。ガラケーからスマホに乗り換えた方も多いです。
画面も大きく機能も充実していて便利ですが、スマートフォンは、“小さなパソコン”

今までの携帯電話と同じような感覚で使っていると個人情報の流出など、思わぬ被害をこうむってしまうことがあります。

  

◎個人情報満載のスマホはウイルスの格好の標的

●アプリケーションの入手は慎重に行う

世の中には「スマホ内の個人情報を盗む」ウイルスソフトが多数存在しています。
一見便利そうだからとむやみやたらとアプリをインストールしすぎるとウイルスの罠にかかる可能性も。

  

●公式&各キャリアマーケット外からは極力アプリをインストールしない

公式マーケットなどを通さずウェブサイト上にアップされている”野良アプリ”をインストールしない。
有料アプリの無料海賊版を謳っていたり、作者の身元不明なアプリはインストールしないようにしましょう。

  

●いいアプリ」と「悪いアプリ」を見分ける

iPhoneであれば、『App Store』からダウンロードすればほぼ安全です。
ただしAndroidの場合、審査が比較的甘い事があるので注意が必要になります。

欲しいアプリを検索し、ランキングの上位にあるアプリを選ぶようにすると、使用者が多いためクチコミなど情報も揃っており比較的安心と考えられます。
逆に使用者が数人、数十人のアプリは、たとえ内容が魅力的でも触らないほうがいいです。

  

●アクセス許可に注意(Android端末を利用している方)

アプリの「アクセス許可」とは、アプリがAndroidの、どの情報・機能にアクセスをするのか定義したものです。

個人情報等を端末から不正に盗み取り、外部に送信するような不正アプリは、アプリの種類や動作から考えると、不自然なアクセス許可をユーザに求めてくることがあります。アプリをインストールする際には、アクセス許可を必ず確認しましょう。

  

【アクセス許可の例(一部)】
※お使いの機種やアクセス状況によって、表示(表現)が異なる場合があります。

アプリによっては、アクセス許可の一覧の一部しか表示されないこともあります。その場合は「すべて表示」ボタンを押して確認をしてください。

  

アクセス許可 説明
電話発信 アプリが電話番号や端末識別番号、SIM情報を読み取ることができる。
個人情報 アプリがアドレス帳などのデータを読み取ることができる。
位置情報 アプリがスマートフォンの位置情報を知ることができる。
ネットワーク通信 アプリがインターネットを利用し、情報を送受信することができる。
SMSメッセージの送信 SMSメッセージの送信をアプリに許可します。悪意のあるアプリが知らない間にメッセージを送信し、料金が発生することがある。

  

アプリが「電話発信」、「個人情報」、「位置情報」と「ネットワーク通信」のアクセス許可を求めてきた場合、電話番号や電話帳、位置情報といった情報が、インターネットを通じて第三者に送信されてしまう可能性があります。

  

●無料アプリに要注意

「無料」アプリは、なぜ無料なのか、考えてみたことはありますか?
あなたの端末内に保存されている個人情報と引き換えに「無料」なのかもしれません。

また、正規のアプリケーション配布サイトに掲載されているアプリであっても、監視や審査を逃れて不正なアプリが紛れ込んでいる可能性はゼロではありません。

つい最近、Android文字入力『Simeji(しめじ)』が、入力情報を無断送信していることが発覚しました。

  

  

『Simej(しめじ)』
中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」がスマートフォン向けに提供しているAndroidスマートフォン用日本語文字入力ソフト。スマホ入力アプリの超定番。

  

「打ち込まれたほぼすべての情報を、利用者に無断で外部に送信」
名前、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカードのセキュリティーコードまで全部筒抜ける可能性があります。

定番中の定番アプリだっただけに、多くの使用者がいました。

  

ランキング上位にあって使用者が多くてもこういったことがあるので注意が必要です。

アプリをインストールする際には、「アクセス許可」を確認し、本当に必要な権限なのか判断、また開発元や配布元の国もチェックしてからインストールしましょう。

  

●スマートフォンにもパソコンと同じくウイルス対策ソフトを

スマートフォンにもパソコンと同じくウイルス対策ソフトをインストールしておくことをオススメします。
無料でも数多くソフトが揃っていますので自分の端末のスペックに合わせたソフトを選ぶといいでしょう。

ウイルス対策やセキュリティソフトをインストールしておけば個人情報を不正に読み取るなどのスパイウェアアプリも見つけやすくなります。

  

スマートフォンは“小さなパソコン”なので、何の対策もしておかないと、格好の標的にされてしまいます。

  

  

  

マチスアカデミーさかおり校では、今回紹介したような、ウイルス対策、セキュリティ対策などパソコンやスマートフォンを使用するうえで最低限知っておきたい基礎知識などを学ぶことができます。

>> パソコン入門 ~初心者向けはじめの一歩~

  

  • デザインでお困りの企業様
  • 人材や教育でお困りの企業様